シルク退会の日

シルクウインザーが欲しくて入会してからうん十年。
とうとうこの日が来たか、と思います。

シルクの思い出はたくさんあります。

シルクウインザーが未勝利を勝てなかった件、隣の募集番号は有馬記念を勝った件。
そこからシルク暗黒時代を含め、苦楽を共にしてきたと勝手に考えています。

しかし、最近は重賞勝つは連対するはオープン入りするは。
いつものシルクではありません、キャロットみたい。

ノーザンファーム傘下に入ることにより、このようになるのは遅かれ早かれだったでしょうけど、どんどんシルクへの愛着が無くなってきています。
私のパソコンだと「し」と打つと「シルク退会」が出てきますからね。

そこで考えました、シルク退会・・・を。

やはり、なかなか勝てないクラブを応援したいのです。
ユニオンとかユニオンとか、ユニオンです。
ユニオンも一部強い馬がいますけど、たまにが丁度良いのです。

そもそも、昨年のオールカマー事件(いつか振り返れる日がきたらいいな)以来、キャロット会員及びそれ以降のいろいろあってシルク会員で嫌な人(自慢・他馬をけなす)が私の周りに増えてきているように思えます。
対してユニオン会員には他馬をけなす人なんていなく、逆に自虐的な人(勝てない、勝てなくてもいい楽しめれば)が多い・・・それがまたイイ。

勝った馬を称えるのは当然だけど、一緒に走った(走る)馬も称えることが必要なのではないかな。
こう考えるのは今のシルク・キャロットとかだと難しいのかも知れませんね。

今までありがとうシルクホースクラブ様。

早速、ロードサラブレッドオーナーズにシルク退会の申込を行います。

シルク退会の日

※退会する日はもう少し考えます(汗)

スポンサーリンク