キャロットの最優先を振り返ってみる

昨年のキャロット最優先はスターペスミツコ2014ことエピカリスにしました。
しかし、超人気だったこともあり敢えなくカツカレーにコーラをかけました。

エピカリスは最優先で外れたのですが、凄い人気だったから諦めていたのですが、あんなに強い勝ち方だと泣いちゃう。
というか泣き過ぎてカラムーチョが目に染みています。
新種の目薬としてはいいかも知れません。

という訳で、記憶モードなのですが、キャロットの最優先を振り返っておこうと思います。
昔から最優先という制度があったかは忘れましたが、1番気に入って欲しかった馬を記していきます。
この悔しさを逆に励みにして、今年のキャロット募集に備えるカツカレーにしようと思っています。

2010年 アダムスピーク 何とか取れた
2011年 ラブラバード 何とか取れた
2012年 エーデルグランツ 取れませんでした・・・超良い馬だった ツアーに参加
2013年 サフィロス 何とか取れた ×1があった
2014年 ヴィグラスムーヴ 何とか取れた ツアーに参加
2015年 エピカリス 取れませんでした・・・超良い馬だった
2016年 神のみぞ知る ×1があるよん ツアーに参加

こうやって振り返って見ると、最優先で取れなかったのはエーデルグランツとエピカリスのみか。
もちろん、取れそうな馬を狙っているという事はありますが、エピカリスは取れると予想していただけにショックも大きかったかな。
エーデルグランツもあんな好みなディープインパクト産駒はもうお目にかかれないかも・・・くらいの好みだったのでショックが大きかったです。

あの馬体でヴィグラスムーヴが何で走らないのかは全く分かりませんけど、他の最優先3頭はオープンまで行っているので、取れた馬も良い成績なのはさすがはキャロット。
私みたいな馬運ない人間までオープン馬を持たせてしまう恐ろしいクラブ。

さて、今年は×1があります。
2014年はシンハライト狙いでツアーに参加した訳ですが、×1がなかったので泣く泣く諦めたのでした。
今年は×1もあるし、狙いにいきますよ、ツアーも参加します。
もちろん・・・あの馬を・・・ロードカナロア産駒の・・・あの馬・・・秘密。
アヴニールマルシェやへっぽこ軍団所属グレナディアーズの下なんて事は絶対ありません。

そう言えばキャロットのツアーっていつだっけ。
おやつ327円分をまだ買ってない。

スポンサーリンク