セダブリランテス、中山金杯優勝

本日のゴールドカップというのでしょうか。
長距離G1に似ていますが、へっぽこ軍団2頭出しでしたので、近所の公園に応援に行ってきました。

それにしても、新年早々いつものへっぽこ軍団に。
エールブランは負け、ヴェルトゥアルは人気でビリ、ラルムドールも人気でブービー、パーマン2号はブービー、阪急の外人はブーマーと散々でした。
いつも通り、もう競馬をやめて2019年から心を新たに・・・と真剣に考えていました。

特にラルムドールのショックが大きくて、金杯を見ないで帰ろう・・・と真剣に思っていました。
でも折角来たから金杯のパドックだけでも見ようか・・・そしてパドックへ。

しかし、人が超多い。
G3の人出ではありませんね、だからパドックでも腕を伸ばして何とか撮れる感じ。

セダブリランテスのパドック
ブラックバゴのパドック

もう人が多いのは嫌・・・帰ろう。

そう考えた私は雪の降りしきる競馬場を後に・・・雪は降ってないけど、パドックの地面に白いのが撒かれてました。

帰宅途中に偶然にも知っている方々のサークルに遭遇。
なんと、ロードシャリオのレース後レクチャーでした。
2着でしたが、みなさんの楽しそう・・・かは分からないけど、笑顔。
よく分からずに参加してしまいましたが、このレクチャーに参加して金杯まではいよう、そう考えを改めたのでした。
ロードサラブレッドクラブありがとう。

ゴール板前でレースは見ていたのですが、前の人が背高くてレースはよく見えない。
直線はウインブライトが抜け出していたので、2頭はダメだー、とウインブライトだけを見ていましたよ。
金杯ですからゴールドカップですし、ゴールドと言えばスターキングマン、ではなくステイゴールドですからね。
そして、へっぽこ軍団所属サマーエタニティのお子様ですから!

レースが終わった後もウインブライトが勝ったと思っていたら、一緒に観戦していたブラックバゴ仲間にセダブリランテスが勝ってると言われて、本当かな~?と。
リプレイを見てようやく勝ったことを知る。
この辺が現地応援での醍醐味ですかね。

そう言えばブラックバゴは?って、こちらも凄い脚で4着だったではないですか。

セダブリランテスはいつもそうなのですが、3コーナーから4コーナーでは手応えが怪しくなるけど、直線では長く良い脚を使う。
不思議なタイプですね、乗り替わりだと勘違いしそう。

ウイナ付近で、幸せそうなシルク会員が多数。
その笑顔を見るだけで、私は満足なのであります。

セダブリランテス ウイナ
セダブリランテス ゼッケン

そして、泣きながら自宅に帰り、1人祝勝会としまして、馬アレルギーのせいか頭痛がひどくて寝込みました。
これがネタブリランテスでしょうか。

2018年へっぽこ軍団初勝利がなんと重賞です。
こんな年は今までありませんでした。
特別な年になる可能性も7%くらいはありそうな気もしています。

年間勝利目標の3勝まであと2勝!
何とか年内に達成したいところです。

スポンサーリンク