サンデー 2018年度募集馬の価格を発表 大物と評判のブエナビスタ2017は1億6千万円!

5月10日、サンデーサラブレッドクラブ2018年度募集馬の価格が発表されました。
すんごい馬という評判のブエナビスタ2017は一体1億6千いくらになるのでしょうか?

ブエナビスタの最高傑作という呼び声が高い、ブエナビスタ2017ですがやはり凄い価格となってきました。
1億6千万円です。
噂は凄かった、そして価格も凄かった。
その噂を裏付けるように、私は見ていないのですが、吉田勝巳氏がどこかのインタビューとかでブエナビスタの1歳が凄いみたいな事を言っていたとか!?
気になるのは関東なんですよね。
池添厩舎ではないということ・・・どこになるのでしょう。

昨年もスキッフル2016が凄い前評判でしたけど、見学するといろいろ教えてくれるのが噂になるのでしょうね。
今のネット社会、それが拡散していく・・・助さん拡散です。
高度な情報戦が繰り広げられるようになります。

いつもポテトフライが食べたくなるタピッツフライ2017スウィートリーズン2017は1億5千万円。
もうノーザンのディープ牡馬は最低1億ですね。
それでもキングカメハメハ産駒であるブエナビスタっ仔が最高価格なのですから、相当な出来と見えます。

逆に牝馬のディープ産駒が安く見えるような・・・錯覚ですけど。
社台のスタセリタ2017が億いっているだけあって、ドバイマジェステイ2017の7,000万円がお買い得に見えてしまう。
錯覚ですけど。

そしてレーヴディソール2017も億り馬。
アラバスターもハービンジャーで8,000万円で驚いたけど、こちらも凄い。
ようやく付いたキンカメ(2015年産はキンカメを不受胎)ですし、そろそろG1級かもしれませんね。

シルバーステート、故障がなければクラシック候補だったと思われるヘンリーバローズの下シルヴァースカヤ2017もハーツクライ牡馬で1億2千万円。

ロードカナロア産駒はもっと強気で来ると想像していましたけど、意外と落ち着いているような?
それでも5,000万円がいますけど。
サングレアル2017なんて高くてもいかにも走りそうな感じ・・・。

高い馬ばかりに目がいってしまいますけど、やはりノーザン価格というか全体的に高いです。
それでもこの中にG1級が必ずいるという魅力が安く感じさせるのでしょうか。

当然ですが安い馬からでも大物は出ます。
この価格でも激しい争奪戦が繰り広げられるでしょうから、アエロリット(募集価格1,400万円)を探す旅に出るのも面白いかもしれません。
難しいですけど!

関係ないけどサンデーで募集されるのがマンデラ、ラフィアンで募集されるのがマンバラ。
ドリームジャーニーとオルフェーヴルというのも混乱して頭がクッカーニャくにゃにまざってしまいます。
テストに出ます。

>>サンデー2018年度募集馬の一覧【関東】はこちら

>>サンデー2018年度募集馬の一覧【関西】はこちら

※募集価格を反映しています。

スポンサーリンク