2018年社台グループ北海道牧場見学ツアーに行ってきた その4

6月16日~17日にかけて2泊1日くらいの感覚で1泊2日の2018年社台グループ北海道牧場見学ツアーに参加してきました。
社台ファーム編の続きです。

とりあえず全頭をチェックしよう・・・で周ってました。
周回展示をスルーすると、結構余裕を持って見れます。
誰もいないので担当者の方を独り占めだったり、挨拶もプクプクっという感じでできますものね。
中央・地方競馬オーナーズの馬は特に寂しそうなので、積極的に行ってました。
地方はともかく中央は買えないけど、将来のG1馬をチェックしに・・・。

しかし、見学時間が全く足りないことに社台ファームで気が付く。
日帰りも毎回ギリギリだったけど、本当にギリギリのところを攻めてきます。

特に最初の展示では、知り合いと会うことが多く話し込んでしまい時間が全く足りていなかった。
正確に言うと私が知り合いだと思っているだけで相手からすると「あなた誰でしたっけ?」だったかもですが、とにかく時間が足りない。
結局、全頭チェックできませんでした。
目当てにしていた地方競馬オーナーズの馬もチェックできず、とほほ。
時間配分の勘を取り戻すまで時間がかかりましたね。
次の追分ファームや翌日の早来ファーム、ノーザンファームはロスタイムも考えてキックオフして全馬チェックできたのですけどね。

社台ファーム 関東・牡馬

まずは地方馬から攻めました。
ぽけーっとマウントコブラ2017を見ていたら、声をかけられました。
いろいろ聞いていると、上のマウントゴールドがオープンに行く前に値付けをしたので、1000万は安すぎた。
馬体もいいし走るし、セールに出したらこんな値段じゃないよ!と。
とりあえず検討します!と返答しましたが・・・憧れの吉田照哉さんとのひと時でした。

でもヴィヴァッチシモ2017が良かった。
顔も可愛いし、馬体のバランスが超好み。
スーファミで最初に買ったソフトがパイロットウイングスでしたから、パイロ好きなのかも知れませんね。

ヴィヴァッチシモ2017

ちょうどお昼に食べたステーキがダイワズームでマスクオフでウォートルベリーだったでしょうか。
折角だから、綺麗な社台ファームのトイレに行ってきました。
しかし長蛇の列!
並んでいたから、あまり中央馬は見れなかった・・・。

その中でも1頭と言えば、コレクターアイテム2017が好みだったかな。

どうしても社台ファーム産は全体的に小さいイメージがありました。
普通サイズなのかもですけど、ノーザンが大きいだけに。
スウィフトテンバー2017はその中でも結構ガッシリしていて、なかなか走りそうな雰囲気だったかな。

コレクターアイテム2017
スウィフトテンバー2017
ブルーミングアレー2017
ノーブルジュエリー2017
レディシビル2017

つづく。