2018年BRF・CVFツアーに行ってきた その2

2018年BRF・CVFツアーに行ってきたような行ってないような・・・その2です。
ビッグレッドファーム朝日が凄いことになっていました。

一行を乗せたバスはビッグレッドファーム明和へ向かっています。

途中にビッグレッドファーム朝日に寄って、バス内から見学ができました。
・・・凄い!
昨年見た時はまだ建物が1つあるくらいでこれから、という感じだったと記憶していますが、1年後の今年はかなり進んでいました。
1年でこんなに進むのですね。

しかも、業者に頼めなくてスタッフだけで建てた厩舎もあるとのこと。
屋根だけはさすがに業者に頼んだみたい?ですが、他は基礎からスタッフで作り上げたとのことです。
冬の寒い時期も頑張ったとのことで、本当に凄いなと。
木まで植えて、最初は業者を頼んでも自分たちでその技術を参考にしてやっているのだとか。

思えば、私が初参加した20年前くらいのラフィアンツアー(当時はラフィアンしかなかった)では、岡田繁幸氏の独演会で「ここは自分たちで作った~」とかばかり聞いていた気がします。
ビッグレッドイズムが継承されているのでしょう。

その後に聞いた話だと、朝日の場所は土だったかの質が悪く、水が浮くとかなんとか。
だから、その辺からいろいろやって大変みたいです。
あの忌まわしい事件があった場所ではありますけど、サラブレッド銀座の新しい名所?となることを期待したいですね。

バスの中から撮ったビッグレッドファーム朝日の写真をあげておきます。

ビッグレッドファーム朝日 1
ビッグレッドファーム朝日 2
ビッグレッドファーム朝日 3
ビッグレッドファーム朝日 4

ビッグレッドファーム明和に着いたら待ちに待った豚汁。
弁当は正直今一つだった気がしますけど、豚汁は今年も美味しく頂きました。

弁当と豚汁

真歌のスタッフの方と話しが熱中してしまい、豚汁は2杯だけしか食べられませんでしたが、本当に今年もありがとうございます。
来年は前人未踏の3杯に挑戦したいと思います。
現場スタッフさんと交流できるのも、このツアーの魅力の1つですよね。
いろいろ興味深いお話を今回も聞かせていただきました。
良い馬に乗った時の感触、背中がいいとかよく言うけど、やはりうまく伝えられない独特な感覚があるとのこと。
そして、あのメッセージカードを書いた方だったのですが、何人ものスタッフで心を込めて!?書いたのだとか。
本当にありがとうございました。

豚汁でお腹を満たした後は、ラフィアンの募集馬展示から開始となります。

つづく。