東サラ 7月10日時点の申込み状況を発表 既に申込んだ会員の第1希望馬変更は不可

東京サラブレッドクラブの募集先行期間真っただ中ですが、7月10日時点での申込み状況が発表されました。
既に4頭が400口を超えているようです。

皆さん、2018東サラの検討は進んでいるでしょうか。
角居師の件とかいろいろあって、人気に影響するかも!?と思ったけど、さて受付状況はどうなのでしょう。
7月11日に申込み状況が公式サイトで発表されました。

今までこのような中間発表ってありましたっけ?

以下の4頭が7月10日時点で400口を既に超えているようです。

ラストグルーヴ2017
レッドジゼル2017
レッドファンタジア2017
レッドソンブレロ2017

大方の予想通りでしょうか。
角居師の騒動影響も多少はあるかも知れませんが、この人気を受けレッドオーヴァル2017の人気も上がっていくでしょうね。
スーパー繁殖牝馬最後の仔エリモピクシー2017も400口は超えるでしょう、多分。

個人的にはレッドファンタジア2017が1番人気ではないか、と勝手に適当に予想しています。
兄弟が走っているディープで藤原英厩舎でディープ牡馬としてはそこまで高くない。

今はディープインパクト産駒が逆に敬遠される時代。
その中でもレッドファンタジア2017は魅力が溢れるのでしょうか。

セレクトセールを見ても、ノーザンファーム>>>超えられない壁>他の生産者という感じになっていますけど、東サラ募集も例外ではないようですね。
確かに4頭とも良い馬。
レッドソンブレロ2017は、何となく私の出資馬だとプレシャスルージュに似ているような・・・近親だけど。

この4頭は予想の範囲内ではありましたが、今回の中間発表を受け気になるのは下記注意文ですよね。(公式サイトより)

この結果を受けて第一希望馬の変更を承ることはできません。
すでにお申込みを済ませた方の追加申込みの場合は、募集要項「注7」にもありますように、最終的な第一希望をお知らせいただく必要がございますので、連絡欄に第一希望馬がわかるようご記入ください。

第1希望が変更できないのが事務作業の都合か何かは分かりませんけど、事前に中間発表があると分かっていれば待っていた会員の方も多いのでは。
更に私の日本語読解力がいまひとつな事もあるでしょうけど、この注意文の意味が今ひとつ分かっていません。
要するに既に申し込んだ馬の第1希望は変更できないけど、追加で申込む場合は第1希望の変更は可能ですよん、という事でしょうか。

ラストグルーヴ2017 第1希望
レッドファンタジア2017

(7月11日 申込み状況発表)

ラストグルーヴ2017
レッドファンタジア2017 第1希望

これはダメ。

ラストグルーヴ2017
レッドファンタジア2017
(追加)レッドソンブレロ2017 第1希望

これはOKということ?

それにしても1度だけでも第1希望を変更可能とするべきよねぇと思いますけど。
他のクラブだって1度は変更できる所もある訳ですし・・・システムの都合なのかしら。

さて、私が1口馬主を辞めていなかったら・・・という前提で真剣に申込む馬を検討しました。
400口を超えている4頭はどれも良いのですが・・・やはりお祭り感を求めるなら、

第1希望 ラストグルーヴ2017
ココロチラリ2017
レッドレイチェル2017

かなーと思います。
心がチラリと動いてしまう馬ばかりの今回の東サラ。
一部東サラファンに心配された?セレクトセール当歳でも何頭か購入(鬼塚氏名義)していますし、今年同様に来年の募集に入ってくればいいですね。

先行募集の締切は7月13日(金) 12:00です。
お忘れなきようお願い致します。

毎年、締切日の16時30頃に「あー、東サラの締切は今日の17時だと思っていたけど12時だったのね、とほほ」とTwitter等に呟くのですが、全く反応がありません。
今年も懲りずに呟こうと思います。

>>東サラ2018年募集馬の一覧はこちら