ルージュバックがきさらぎ賞圧勝 着順がクラブの勢いかも

ルージュバックがきさらぎ賞を圧勝。
直線入る所では、ポルトドートウィユかな、とも思ったけど全く相手にしませんでした。
これは強すぎ。

昨年のハープスターに続き、またしても牝馬でキャロットから凄い馬が出てきました。
2戦2勝で、京成杯勝ったベルーフを相手にしなかったとはいえ、まだ半信半疑だった人もいたハズ。
レース後ポカーン、としてしまいましたよ、強すぎて。

昨日のクルミナルもそうですけど、何度も言っていますけど、キャロット凄すぎ。
特に今年の3歳凄すぎ。

ノーザンファームが凄いという事は変わりませんけど、きさらぎ賞の結果が、今年の3歳世代クラブの勢いそのままなのではないでしょうか。

キャロット>サンデー>社台>>ユニオン

キャロットは特に3歳世代は下記ラインナップ。
それぞれのカテゴリで活躍できそうな馬がいます。

牡馬クラシック:アヴニールマルシェ、シャイニングレイ、アダムスブリッジ
牝馬クラシック:ルージュバック、クルミナル、レオパルディナ
地方クラシック:カールトンガーデン
短距離:サフィロス

今週のアヴニールマルシェとドゥラメンテの対決も、きさらぎ賞同様クラブの勢いが反映されるのか興味深い所です。

カールトンガーデンは出資予定でしたがが、読み間違えて満口になった馬。
あとは、検討したけど、どれもピンと来なかったのですよね。
シャイニングレイやクルミナルなんて、検討した記憶すらない…。
ディープインパクト産駒という事もありますけど、自分の見る目の無さに、タイムマシンがあれば…と考えてしまいます。
当時に戻って、これ満口じゃないから申し込んでおけ、と自分に言いたい。

私の出資馬では、かろうじてサフィロスがいますが…、この馬が最優先申込みでした。
マイルまで距離持てば楽しめそうですけど。

最後に。
きさらぎ賞は8頭立てとはいえ、ユニオンで3歳重賞掲示板は凄い事なので、皆さんムーンクレストを覚えておいてください…。