社台・サンデー・G1の2017年度秋季版カタログが届く

帰宅したら、やけに分厚い郵便物が届いていました。
さすがに飼ってるヤギのへっぽ子も分厚すぎて食べられないみたい。
サラブレッド12月号と書いてあります・・・何だろう?

Thoroughbredなら社台グループの会報として認識しているのですが、サラブレッドだと怪しい予想会員募集とかではないか。
私の危機管理アラートがピコーんと鳴りましたよ。
分厚いですからね。

分厚いサラブレッドという怪しい郵便物
分厚いサラブレッドという怪しい郵便物

恐る恐る中を見てみると・・・なんと、こんなことがっ!!!
普通に社台グループの会報Thoroughbredでした。
Stately Donだと強そうだけど、ステートリードンだと弱そう・・・みたいな感じ!?

毎年、この時期は1歳馬全馬の写真が掲載されているから分厚いというのは覚えています。
それにしても、今年は特に分厚い。
更に恐る恐る中を見てみると・・・。

なんと中に冊子が入っていました。
その名も「秋季版カタログ」。

秋季版カタログ
秋季版カタログ

こんなの昨年までありましたっけ・・・あったかもですが、私の記憶は3日前までしか覚えられないため忘れています。

社台とG1は冊子でキチンとあるのに、サンデーだけチラシ。

チラシ1枚
チラシ1枚

要するにサンデーは冊子にする程馬は残っていない・・・というか1頭しか残っていない?からですかね。
チラシの裏面にネオストダーリン2016のカタログがありました。

残っている馬の写真だけではなく、カタログ形式にするのはとても良いですね。
ブラックタイプとか更新されているかも知れないですものね。
サラッと見たけど、オヴァンボクイーン2016ドバウィハイツ2016が良く見えた。
2頭とも買えるとは、恐ろしい世の中です。
ディープインパクトは来年から種付料が4,000万円になりますし、この価格で買えるのも今だけ!かも知れない。
社台のディープ云々は良く聞きますけど、馬がよければ走るのです!多分。

G1もG1初制覇でG1サラブレッドクラブになってきましたから、今後が楽しみですよね。
いつの間にかに満口になったエイシンフラッシュの仔、キャンセル募集をお待ちしております。

同封のThoroughbredには1歳馬の成長した写真が掲載れています。
皆さんの愛馬はどのような成長をしていたでしょうか。
私の愛馬は・・・近眼になってたらいいな。(応募馬名はキンガンサファイアです)

>>社台2017年募集馬の一覧【関東】はこちら

>>社台2017年募集馬の一覧【関西】はこちら

>>サンデー2017年募集馬の一覧【関東】はこちら

>>サンデー2017年募集馬の一覧【関西】はこちら

>>G1 2017年募集馬の一覧はこちら