ラフィアン 2018年度2次募集のカタログが届く

2018年10月6日

ラフィアンターフマンクラブ2018年度2次募集のカタログが届きました。
募集にあわせ公式YouTubeチャンネルも開設され・・・たという話は聞きません。
この辺はウインと違ってマイペースですね。

2018年度2次募集・・・早いものですね。
それにしても1次募集は10月4日時点で4頭しか満口になっていません。
もうオーナーブリーダーモードに突入でしょうか、そのモードは以前からかもだけど。

1次募集は生産馬が中心ということもあり、貧相な馬が目につきます。
生まれが遅い馬が多かったですものね。
社台スタリオンの種牡馬をつける場合は、どうしても遅生まれになってしまう、とツアー時に行ってました。
成長すれば問題ないとはいえ、ラフィアンはやはり2歳早々にボコスカ活躍するのがラフィアン。
ミスマッチを起こしている気がしますね。

対して、2次募集馬はセールで選んでいるから当然だけど、実に馬体的にはよさそうな馬が多い気がします。
昨年もマイネルメーアは素晴らしかったですものね・・・申し込もうとしたのですが、気が付いたら満口になってましたが。

今年はエイムアットビップ2017クインズメンテ2017ピアノボレロ2017が特に良いような気がします。
というか3頭とも高いですけどネ!
特にピアノボレロ2017は近親のアメリカ年度代表馬アリシーバに似ている気がします。
サラブレッドというところが。
エピファネイア産駒の中でも、特に目立つ馬体をしている気がします。

クロネコやチチンプイプイのネタを書こうとしたのが忘れるくらい、とにかくこの3頭はいい馬だなーと、高いけど。

50口ですけどマウンテンウーマン2017もヘニーヒューズらしい馬体をしている気がします。
モンジュー肌にヘニーヒューズは走るって、近所の知らないオッサンが言いたそうでした。
ちょっと線が細い気がしないでもないけど、西園厩舎に行きますし、期待されていそうです。

2次は考えちゃうな。
数年前も2次で良いと思われる馬がたくさんいたのですが、悩みに悩んで1頭マイネルジュニパーにしましたけど、全く走りませんでした。
とほほ。

私事ですが、もうラフィアン出資馬は3頭しかいません。
ヴィオトポスが1日に勝ちましたけど、ラフレシアとモーディグが近走は今一つ。
ラフレシアはここまで活躍してオープンまでいった馬ですから満足感たっぷりですが、モーディグは期待ほどには。
ダートとか試してほしいけど、立て直した後に期待します。
そんなラフィアンですから、そろそろ1頭くらい・・・なんて・・・。
近所のパン屋が新しくなってきたので、フランスパンが売れ残っていたら、売れ残りでも真剣に検討します。

募集開始は10月9日(火)からで、12月14日(金)までとなります。
今回の募集から、先着順になっていますので、出資実績による優先枠や母馬優先はありませんのでご注意ください。
私のポイントは9,500ですから、このポイントで目薬でも買おうと思います。
最近、目が悪くて・・・頭も顔も悪いですけど。(秘密)

>>ラフィアン2018年度2次募集馬の一覧はこちら

ラフィアン2018年度2次のカタログ