ロードカナロアの2019年種付料は1,500万円!

驚いて思わず、晩飯に飲んでいたカレーをちゃぶ台に吹きました。
正確には、晩飯はラーメンでしたが、とにかくロードカナロアの2019年種付料が凄いことになっています。

初年度から3冠牝馬を出して、マイルチャンピオンシップ優勝馬を出したロードカナロア。
2018年は種付料800万円でも294頭に種付けと凄い人気でした。
2年目となる2歳世代も重賞勝ち馬をポコポコと出していますし、何より安定Aっぽい種牡馬イメージですよね。
それでいて大物も出ちゃうし、ダートもそこそこいけそう。

そのロードカナロアですが、2019年の種付料が1,500万円になることが分かりました。
800万円から1,500万になるということは、800万円から1,500万になるということだと思います。

私の年収が150万円ですから、なんと1度の種付けで私の年収の10倍となります。
・・・悲しいので「うわ・・・私の年収低すぎ・・・?」画像は割愛させていただきます。

温泉紹介ブログなので銭湯力がありません

これって結構凄いですよね。
というか、日本ではナンバーツーの種付料ということですかね。
現時点ではプライベートでまだ詳細は分かりませんけど、ディープが今年と同じなら4,000万円で次いでロードカナロアという感じでしょうか。
キンカメも今年と同じなら1,200万円かな、父超え。

当然、一口馬主クラブを含めロードカナロア産駒の高騰が予想されます・・・が、今年も高かったのでそんなに変わらないか。
私が勢いで取れるとG1で申し込んだ馬も5,000万円でしたし・・・ハズレたけど。

牡馬なら4~5,000万円くらいが基準になるのでしょうか。
ステルヴィオも4,000万円でしたし、アーモンドアイも3,000万円でしたものね。

丁度、ロードカナロアを出したロードサラブレッドオーナーズが先行受付期間中。(26日書類必着)
エンジェリックレイ2017なんて2,592万円ですから、来年の種付料を見た後だとお買い得に感じてしまいますね。
100口くらいいかなくっちゃ・・・なんちって。

種牡馬入りが同じ年のオルフェーヴルの種付け料は400万円。
初年度はオルフェーヴルの方が種付料は高かったのに。
2世代のデビューだけで、ここまで差が付くとは驚きです、本当に。
ロードカナロアは確かに凄い馬を出しているけど、JRA重賞勝ち馬はまだ4頭ですものね。

何度か書いていますが、私はどちらかと言うと、ケラチ・マラキム・シェルシュールドール派です。
西山牧場が導入する種牡馬に憧れていました。
だから?種付料100万円くらいまでの馬を応援したいのです。
これからアンチロードカナロアとなります。

スプリンターズSの口取りや香港スプリントの口取り。
思い出が走馬灯のように蘇ってきますが、今までありがとうロードカナロア。
こんにちはシェリフズスター。

>>ロードカナロアの種牡馬情報はこちら

今までありがとう