2019年キャロットクラブとシルクホースクラブの合同ツアー

キャロットクラブ

例えば、キャロットクラブとシルクホースクラブの合同ツアーってあったら面白いと思いませんか。
キャロット派とシルク派で戦う。
きのこの山・たけのこの里みたいに。

キャロットクラブとシルクホースクラブの合同ツアー、面白いと思います。
ノーザンファームが中心だし巡る牧場も変わらないですからね。
頭数的にもいけると思うし、いつかやってほしいところです。
両クラブ掛け持ちの方も結構いるでしょう。

社台・サンデー・G1は秋のツアーがあります。
募集ツアーだと、出資できるかも確定していない段階ですから、出資確定後だとまた違ったツアーになります。

キャロットの募集時期から考えると、10月上旬(以前のシルクツアー時期)くらいがギリギリでしょうか。
馴致・坂路入り等が少し遅れてしまうけど。

見学になかなかいけなかったり、出資頭数が多い人にとっては、出資馬が決まってからの見学ツアーというのは結構な需要があるのではないでしょうか。
最近は見学も頭数が厳しくなっていますし、一気に見たーい、てな人は多いかと。

ただし、例えば同じノーザンファームイヤリング内でもシルクとキャロットは別々の陣地になります。
それぞれの陣地に入るためには、ストリートファイトをして勝たなければならない。
手持ちのポケモンでバトルしてもOKです。
ノーザンホースパークでの昼食だけが束の間の休戦。
ただし、海鮮丼VS豚丼の争いはあります。
社台スタリオンステーションになると、また陣地の取り合い。
エピファネイアとかリアルインパクト(日本にいる場合)が出てくる時はシルク派は退出しなければならない。

え?
なぜ突然こんなこと言いだすのかって?

私が貧乏なのが悪いのです。

以下のメールが来たので、思いついたから書いてしまった。
反省はしていない。
7payも問題になっていますから、セキュリティには注意してもらいたいところです。
JTB北海道様、まさかメール文面のコピペなんてやってないですよね~。
※その後すぐに訂正メールは届きました、私がお金を払えないこと自体は変わらない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました