ラフィアンターフマンクラブ 2018年産募集馬の馬名決定 グリューネワルト2018はマイネルオラトリオ

ラフィアンターフマンクラブ
スポンサーリンク

ラフィアンターフマンクラブの2018年産募集馬の馬名が決まりました。
私が応募した・・・してないけど、とにかく素敵な馬名はありましたでしょうか、確認してみます。

もう馬名が決まる時期なんですか。
早いですね・・・もうすぐすると、ラフィアンの早期募集(今年もある)が開始ですものね。

ラフィアンと言えば・・・ラフィアンではないけど、先週のフェアリーステークスではスマイルカナが優勝。
中山マイルの1番枠とはいえ、強い勝ち方でした。
久々にビッグレッドの強い中央馬が出てきたのではないでしょうか。

地方にはエンという凄そうな馬もいます。

今月の会報では売れなくてもやっていけるみたいな捉え方ができる文章もあり、何だかなーと思う気持ちも日々高まっていますけどね。
ラフィアン2017年世代は重賞を勝ってはいますけど・・・既に10頭以上が引退・・・相変わらずかな。
なんだか最近の話題だと、いきなりステーキと(いろいろと)同じような印象を受けますが、これはまた別で語りますか。

さて、2018年産の馬名。

スマイルカナはセールで高かった馬。
グリューネワルト2018もセールで高かった馬。
マイネルオラトリオ。
オラトリオと言えば、私が競馬を始めた頃に活躍していた馬を少し思い出しますけど、世界の種牡馬でもいますけど、とにかく京王杯オータムハンデですね。

サークリングⅡ2018もセールで高かった馬ですがプリペアード。
覚悟がある、用意が出来ているという意味とのこと。
私だったらサークリングヤッホという馬名にするところですが、かっこいい馬名でした。
何となくラフィアンの牝馬の活躍馬っぽい響きな気がします、プリペアード。

個人的に1番気になったのは、マイネジャンヌ2018のギンノサジかな。
なかなかギンノサジではないでしょうか。
父名より連想とのことですが、ゴールドとギンなのかな?
銀の匙って英語で「上流階級の家柄・財産」の意味もあるみたいですよね。
ゴールドとジャンヌという感じで財産を築いてほしいところです。

ストークアンドレイ2018はステイハングリー。
ステイハングリーと言えば、スティーブ・ジョブズ氏のスピーチが頭に浮かんでしまいますが、これからの競馬ファンは

ストークアンドレイ2018 カウアイレーン2015
(ステイハングリー ステイフーリッシュ)

※ハングリーであれ、愚かであれ

と置き換えることができるので安心できますね。

ドリーミングバード2018はラッキーフルーク。
昔、マイネルフルークという馬に出資していましたが、2勝目のガーベラ賞は馬場が悪く他馬が苦労していて本馬はまさにラッキーでした。

最後に、私事ですがクレジットカードを追加しようかなと考えています。
今は1枚メインがありもう1枚がJRAカード。
メインのはアメックスなので使えない場合もあり、JRAカードが約にたつこともあります。
しかし、指定席はもうカードは必要ない?(確か)になっていますし、もうJRAカードはいいかな~と。
新しく追加するなら・・・イザニコス、でしょうか。
でも、これ以上カードの追加はムーンリバー。(無理だー)

ラフィアン2019年募集馬の馬名一覧

へっぽこ軍団 - 馬めも | 2019年 ラフィアンターフマンクラブ 募集馬 馬名決定

コメント

タイトルとURLをコピーしました