最近Twitterで盛り上がっている一口馬主関連の話題

一口馬主
スポンサーリンク

ここ最近はTwitterで一口馬主関連の話題で盛り上がって・・・るのかな。
私もストⅡ世代ですから、ここで振り返っておきます。

ストⅡと言えば、私は仕事で何故かストⅡの凄い人と近しくなることがあります。
話したことはないのですが、全国大会の凄い人?とか、youtubeに出ている普通に凄い人とか。
前に書いたかもですが、私の地域ではストⅡでゲームする時に、プレイしている人がいたらお金を筐体の脇に置いて、他の所で待つという謎ルールがあり、50円を何枚か置いておきました。
そしたら・・・取られちった。
もう競馬なんてやらない。

さて、ここ最近、Twitterで一口馬主関連の話題で盛り上がっています。
Twitterの恐ろしさというか・・・備忘録も兼ねて記しておきます。

馬主席のドレスコード

ある一口馬主を楽しまれている方が馬主席のドレスコードを撤廃すべきとのツイート。

私はいろいろな意見があるんだな~くらいの感想でした。
このツイートをした方は現行のルールは守るべきとしていますし、マナー違反をした訳ではないですし・・・。
確かに捉え方によってはちょっとな・・・と思うツイートもしていますが。
私個人の適当な感想ですが、実際に一意見としては愛馬会法人までは言ってもいいのではないですかね、直接馬主協会とかに話していたら問題だとは思いますけど。

しかし、不特定多数が見れるTwitterですから、いろいろな意見が出てくるのは当然のことです。
なかなかの盛り上がりを見せました。

「しょうもないルール」というのに反応する方。
一口馬主如きが何を言っているんだ、という意見もチラホラ。
etc…

心配なのは「一口馬主」という枠を超えての行動を起こしてしまうことかな。
そのような心配から?の反応も多かったのではないでしょうか。

本件はSNSではよく見かける光景。

しかし、次の話題の方がイロイロと凄かった。

なお、一番迷惑がかかっているのは某名馬という話もありますので、このブログではエドモンド本田としておきます。

エドモンド本田おじさん

流し読みしているので細部は違うかも知れないけど、エドモンド本田の一口馬主の方が主役。

・エドモンド本田の出資者がエドモンド本田に会いたいというファンに「会わせてあげる」と誘う。
・実際に天栄でエドモンド本田に会わせる。
・ファンは感謝のツイート。
・その後にいろいろある。ぬいぐるみや妖怪等。
(馬主席ドレスコードの話題がようやく落ち着いてきた頃)
・エドモンド本田に会わせるよ~とUMAJOと会っているアカウントがあるという第三者のツイート。(これには私も反応)
・すぐにアカウントが特定される。
・当然そのエドモンド本田出資者のアカウントが攻撃される。5chにもスレが立つ。
・エドモンド本田の出資者のアカウントが削除される。
・ファンの方もDM攻撃?されアカウントを非公開にする。
・ファンの方が事の顛末を有料note(1,000円)で公開する。

・・・途中までは至ってSNSではよくある事の出来事のようにも見えますが、有料noteの展開は予測できなかった。
私にとってはシックスセンスやセブン、ダンサーインザダーク以来の衝撃ではなかったか。
(馬名っぽいのを選んでみました)

確かにアンチが出てくるようなうらやまけしからん展開かもしれない、けど見学で会わせること自体は何ら違反はしていませんよね。
普通に出資者が見学に行っているだけですから。

見学時に問題を起こしているなら違う話になりますけど・・・キュピーン。

では何故、ここまで話題が大きくなったのか。
私個人の見解としては・・・、

普段からこのエドモンド本田の出資者の方へのヘイトが高かったのではないか。

です。
こちらもSNSではよくあることです。

何かのきっかけで、普段からよく思っていない方が爆発することがあります。
その爆発に加え、面白がって乗ってくる人も多い訳です。
私ですら、このエドモンド本田の出資者の方はツイートをミュート(最初はブロックしていたけど)していましたから、結構敵も多かったのではないかな。
あたかも会員の代表みたいなツイートとかが耐えられなくて・・・人によっては公式Twitterと勘違いしていた方も多そう。
(いつの間にかに私がブロックされてた)

Twitter等 SNSでの発言は一生残るという前提が必要

Twitterで何気なく呟いたツイートは一生残る、という前提でつぶやく必要があります。
問題が起きてから鍵垢にしても遅いし、すぐに消したってスクリーンショットを撮られている場合もある。

今回の件にしても、裏のやりとりで完結していれば全く分からなかった。
何故か不特定多数が閲覧できるツイートでしているから、遡って話題にされてしまうのです。

Twitter含むSNSは使い方ひとつで恐ろしいツールになるということを忘れてはいけないのですよ。

バカッターという言葉もありますが、Twitterで人生が狂った人も多いですよね。
承認欲求の塊みたいな人もよく見かけます。

同じ趣味の話題等で簡単に盛り上がれるし、気軽に会うこともできる。
もちろんまともな人もいますけど、おかしな人もたくさんいます。
その点を決して忘れないようにして、楽しいSNS利用にしなくてはいけません。

・・・私はSNS疲れとかもあって、もうSNS自体やってません。
このサイト(ブログ)の公式Twitterだけはお知らせ用とたまにツイート用で残していますが、本当にこれだけです。

個人名でFacebookはやってますけど、そちらもリアル知り合いと繋がるために残している程度です。
見てはいるけどほとんど書いてない。

・・・あっ、リアルに知り合いなんていなかった、見栄を張りたかっただけです、ごめんなさい。

以上、生涯ひきこもりの戯言でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました