ビーフインパクト松戸店に歩いて行ってきた お店の名前はあの馬から!?

種牡馬
スポンサーリンク

ビーフインパクトというステーキ店があるのをご存知でしたでしょうか。
歩いていってきました。

ビーフインパクトというお店は噂には聞いていました。
でも、北海道しか店舗がなかったような・・・で改めて確認してみると・・・。

松戸店

があるではないですか。
北海道以外ではこの1店舗だけなのかな?
地球儀で見ると、松戸は近いし、これは行くしかないではないですか。
一応同じ千葉県民ですし。

という訳で歩いて行ってきました。

ビーフインパクトという店名の由来は!?

ビーフインパクト・・・この店名を聞くと、競馬ファンなら誰もがあの馬を思い出しますね。

もちろん、ビーフレグラント(2002年産 牝 ダイタクヘリオス×コンサートダイナ)

ではなく、ディープインパクトでしょうけど、店名の由来って気になりますよね。
3分程度ググって調べてみたけど分かりませんでした。
映画のディープインパクトかもしれないし、単純にビーフのインパクトかもしれないし、この辺は謎に包まれてお肉にも包まれているということでしょう。

ビーフインパクト松戸店

近いと思って歩いたのですが、道に迷ったこともあり、意外と距離があり3時間30分くらいかかった。
川沿いを適当に歩いていたのですが、真っ暗になって道が分からない場所や、とにかく虫が多かった。
でも夕日が綺麗だったな。

お店についてまず目につくのは、奥の二郎の長蛇の列。
私は二郎は嫌な目にあった(忘れもしない高田馬場)ので二度といかない人間ですが、30人くらいは並んでいたのではないかな。
ではなく、入口の前にある大きな牛の像。
ウッシッシと言ってそう。
この牛の名前は分かりませんが、ビーフインパクトですから、種牡馬繋がりでアルデバランⅡと勝手に名付けます。(黄金聖闘士っぽいし)

お店の中は綺麗でした。
店内は半分くらいのお客の入り。
カウンターもあって、ひきこもりの私はカウンターで二郎の列を見ながらステーキを食べることに。

メニューが立派。

中には美味しそうなステーキとかハンバーグとか。
最近小食なので、250gでも食べられるか分からなかったけど、勢いでリブロースの350gにしてみました。
ライスは半分にしてもらったけど、ライスとミソスープのセットも頼む。

ドデデデン!
ジュージューいってるステーキが目の前に!

ボリュームがあって、美味しかった。
なんというか厚いという表現があってるかですが、厚くて熱い、じゅーっとくる食べ応え。
1口1口、インパクトを重要視して食べてましたけど、食べている時間を忘れる・・・正確に言うと秒と分を忘れるくらいの素敵な時間を過ごせたかな。
まさに、秒分インパクト。
ただ、チップは上にのっかってたけど、ニンニクが見当たらなかった・・・ニンニク好きなのでニンニクマシマシで食べたかったな。

お会計は3,000円くらい。
歩いてきたので財布を持ってなかったのですが、スマホは持っていたのでモバイルSuicaが使えてかろうじて無銭飲食にならなくて済んだ。

まとめ

どうしてもいきなりステーキと比べてしまうけど、個人的にはビーフインパクトの方が好みだった。
ポイント制度とかもあるようですね。
ただ、やはり難点は歩いて片道3時間以上かかるというのが・・・歩かなきゃいいけど。
いきなりステーキだと近所にありますからね。

今回は初めてのビーフインパクトだったので緊張したということもあるでしょう。
美味しかったけど、世間の評判ほどそこまでいきなりステーキとは個人的には変わらないようにも思えた。
結構、いきなりよりビーフインパクト!という声が多かった(ネット上で)ので期待も高かったということもあるけど。

次は慣れを見込めるので違うメニューとかを含め、いろいろ食べてきたいと思います。
松戸店のTwitterからも返信がありました・・・嬉しいですね。

皆さんも是非、お試しください!
※北海道以外ではいまのところ松戸店のみ。

<公式サイト>
https://beef-impact.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました