2016年シャンティイ競馬場での凱旋門賞 日本調教馬は11頭登録 サンデーが2頭

2016年凱旋門賞の登録が現地時間で5月11日(水) 午前10:30に締切られました。
日本調教馬の登録は11頭と過去最高となったようです。

クラブ馬もサンデーが2頭います。ドゥラメンテタッチングスピーチ
ドゥラメンテは順調なら昨年も挑戦していただろうし、ダービー馬とはいえ距離が少し不安な気もするけど楽しみです。
タッチングスピーチは驚いたけど、適正があると見込んでいる・・・という事なのでしょうか。

そういえば、毎年キャロット馬が話題になりますけど、今年は登録なし。
リオンディーズも登録していない。

登録料は7,200ユーロ(約90万円)ですが、追加登録となると120,000ユーロ(約1,500万)かかります。
今年のクラブ馬出走はサンデーだけになるのかも知れませんね。
ノーザンファームとしてはどの馬を持って行くのでしょうか。

ヴァンキッシュランがヨーロッパの競馬に超合いそうな気がするのは私だけでしょうか。
レース振りといい、母リリーオブザヴァレーはオペラ賞(芝2000メートル)を勝ってるし、母父Galileoといい・・・。

今年の凱旋門賞はシャンティイ競馬場ですから、日本馬も逆にチャンスになるかもと密かに思っています。
私の適当な記憶で思い出してみても、今までシャンティイ競馬場で走った日本調教馬ってそんなにいないような・・・。

今回の登録馬発表で個人的に驚いたのが、フランスギャロップのTwitterが日本登録馬について日本語で発信していること。
一緒に日の丸の凱旋門賞の写真も出ていましたが、これは恥ずかしいかもと思った。

今年も盛り上がりそうです。
馬券買えるのって今年の凱旋門賞から間に合うのでしたっけ・・・忘れた。

2016年凱旋門賞 日本登録馬

ヴァンキッシュラン
サトノノブレス
サトノダイヤモンド
サトノラーゼン
タッチングスピーチ [サンデー]
ディーマジェスティ
ドゥラメンテ [サンデー]
トーセンビクトリー
マウントロブソン
マカヒキ
ワンアンドオンリー