Windowsブルースクリーンの思い出 ブルスクーロが来週入厩へ

Windows 7以降はほとんど見かけなくなりましたけど、ひと昔前はWindowsと言えばブルースクリーンの恐怖に怯えていました。
私は未だにExcelとか何かを更新している時は少しの作業で1保存というクセがついています。
いつ、あの恐怖ブルースクリーンが出るか分からない・・・ですから。

ブルースクリーンが出ると、ドラクエの復活の呪文が消えた音楽がバックに流れます。
そのくらい衝撃的でした。
ホームページとか更新したデータがどれだけ消えたか。
中にはノーベル賞くらい全く取れないくらいの膨大なデータもあったと思います。

最近は全く見なくなりましたね。
数か月前に自宅PCをWindows10に変えたのですが、2回くらいしかブルースクリーンを見ていません。
動画ソフトと相性が悪いみたい。
でも、仕事でWindows7を使っていますけど、ほとんどブルーになることない人生を送れている気がします。
MS-DOS、Windows3.1、そしてWindows95と過ごしてきた人間からすると、今のOSは奇跡ですね。

という訳でブルスクーロが4月11日に入厩すると発表されました。
兄サフィロスも2歳函館デビューでしたから、同じく函館くらいをイメージしていた馬なのでイメージ通り。
あとは無事に進んでほしいところです。
一番難しいのですけどね。
姉コーディエライトも昨年の6月デビューでした。

2歳へっぽこ軍団は池添学様世代と言っても良いのか悪いでしょう。
ブルスクーロとサラミス(1億円)がいますから。
この2頭で1勝を目指したいくらい期待しています。

新馬は入厩すると、すぐにローテを考えてしまいますね。
それがまた楽しいのです。
新馬を勝ったら「次は函館2歳ステークス!当日の3歳上500万下(ダート1700)」とか、夢が広がります。
入厩する直前直後が一番楽しい。
これからゲートを受け、外厩に放牧に出て、帰厩して仕上げ・・・あれれ、時計が詰まってこない。
こりゃ1度叩いてからかな、というのが続きますけどね。(特に私は)

このすぐにローテを考える現象について名称をそろそろ考えなければなりません。

入厩するとブルっと震えますよね。
そして、すぐローテ。
ブルっとすぐローテ。
ブルスグローテ。

ブルスクーロ・・・と言いたい所でしたけど、私の頭がブルースクリーンでした。

昨日は4番サード ガルヴィハーラとしたので、ブル勝呂とか続けると巨人ファンだと勘違いされます。
巨人ファンのファンなのです。

ブルスクーロ

スポンサーリンク