DMMバヌーシー キタノコマンドールで初勝利 しかし口取り あれでいいのか

何かと話題のDMMバヌーシー。
ようやくキタノコマンドールの新馬勝ちでクラブ初勝利です。
その口取りが凄かったとか。

勝てそうで勝てなかったDMMバヌーシー。
北野武さんが命名したキタノコマンドールでようやくの初勝利・・・おめでたいことだとは思います。
しかし、クラブの波瀾万丈さが伝わったというか、ルメール騎手の騎乗も誉められたものではなく、なんとも後味も少し悪い勝利だったかも知れません。
邪魔して影響したのが同厩の人気馬だったり、シルクの馬だったり・・・。
ルメール騎手は年明けから4日間の騎乗停止に。(ホープフルの日は今週末と同じ節使いなのだとか)。

その波乱の勝利、問題はその後でしょうか。
代表の方が馬の横で満面の笑み、これは別に初勝利だし良いかと思います。
会員より前面に出てくるのは今に始まったことではないですからね。
馬主面から見るとそういうクラブなんだと思います。
私個人的にはDMMバヌーシーは競走馬映像配信サービスと思っているから、余計に気にならない。

しかし!!!
口取りの映像とかを見ましたけど、会員でジーンズの方が何人かいますよね。
ダウンもってるジーンズの方もいた。
これは良いのでしょうか?
理由はあったとしても、クラブ側が許可をしたということでしょうか?

ご存じの通り、各1口馬主クラブは本当の馬主からすると多少(?)ウザイ存在です。
特に口取りは目立つし、いろいろなトラブルも今までありました。
口取り参加はあくまで好意みたいな位置づけみたいですし、いつ中止になってもおかしくないですよね。
服装とかも細かいところで結構な指摘があるとも聞きますし、この光景を見て馬主会からクレーム、そして他のクラブまで口取り禁止となったらどうするのでしょう。
今後の経緯を見守りたいところですけど、DMMバヌーシーも厳格な対応をお願いしたい所です。
既存クラブ会員より一般の競馬ファンを対象にしているなら尚更ですけどね。

私は口取りにあまり興味がない会員ですけど、珍しいみたいです。
だから口取りを楽しみにしているクラブ会員はたくさんいると思います。
その人たちの楽しみを奪ってはいけません。

応援しているクラブなだけに、今後はよろしくお願いします。

※追記
どうやら1人は妊婦さんだったようでJRAに許可を取ったとのこと。
しかし、ダウンを持っている男性は妊婦さんではない・・・いえ分かりません。
ニンプⅡだったという事でしょう。

あくまで個人的な見解ですけど、クラブが口取りを断るべきだとは思うけど。

スポンサーリンク