地方競馬の馬主になろう! その9

久しぶりの更新となってしまいました。
私の適当リアルタイム企画その名も「近所の水たまりの水全部抜く」。
第9回として久々に行動した編をお送りいたします。

本当にこの記事はリアルタイム更新です。
その8で書類集めまで行っていましたが・・・その後の話を書こうと思います。

実は昨年、社台に電話して募集締め切りまで申請書類が届けば募集に間に合う、みたいな事を言われて頑張っていました。
しかし、集める書類も多いし途中で面倒・・・いえ、写真を撮ると魂が抜かれることに恐れをなしたと言った方が正しいでしょう。

そうこうしている間に社台地方競馬オーナーズの締切に間に合いませんでした。
まず初めて社台から・・・と決めているので1年待とうと決心したのです、1年待てば写真恐怖症も克服しているかも知れませんから。

という訳で、本日書類の再取得を行ってきました。
さすがに昨年6月時点の書類ではまずいですよね?・・・多分。
年収が125万円(推定)なので、それで審査が落ちるのは構わないですけど、書類が古いから審査に落ちるのは納得がいきません。

デロデロデロデロデロデロデロデロデンデン、お気の毒ですが・・・。
スタコラと書類再取得クエストの再開です。
前回からのふっかつのじゅもんが間違っていて、再スタートとなったと思えば気が楽です。

まずは法務局へ。
8か月前に行っているのでもう慣れたものです。
何階だったか忘れていたけど、登記されていないことの証明書を再ゲット。
そもそもこの「登記されていないことの証明書」が何で必要なのかは分かっていません。
ラオウ・トキ・ジャギ・ケンシロウの中で私はジャギ派ですけど、トキ派はいないことの証明ということでしょうか。

前回は途中にあった「昭和館」にハマって2~3時間いたけど、今回は真面目に直行したのは成長の証でしょうか。

続いて本籍地に。
東陽町は結構仕事で行っていたことがあり、ステーキ志摩というよく行っていたステーキ屋で昼飯を食べるかな、って言ったら志摩だけにしまってた。
身分証明書戸籍謄本をゲット。

最後に住んでいる市町村の役所へ。
ここでトラブルが発生します。
住民票収入証明書みたいなものはアッサリ取得できたのですが、印鑑証明が取得できなかった・・・。
私の市だと、印鑑登録カードという近代兵器が必要で、そのカードをマッタリと紛失してしまいました。
どこに行ったのだろう、8か月前に取った時はあったのに、とほほ。

なかなか地方競馬馬主申請への壁は厚いですね。
しかし、今回は本気ですからテンションも違います。
印鑑如きでテンションが下がるハズがありません!
印鑑テンション、インカンテーション(ターファイト)・・・寝込みます。

今後は印鑑登録カードを探す旅に出ますけど、昨年は諦めた申請するのに必要な経歴とかを次回書いていこうと思います。
果たして私の経歴で申請できるのか!?
そもそも馬主になる目的は!?
写真を撮ると魂が抜かれるのか!?

いよいよ次回からクライマックス編です。

スポンサーリンク