【募集予想】ワラウカド 2018年は生産馬をセールに出さない!

5月18日、ワラウカド公式サイトでのツアーお知らせに以下のような文章が記載されていました。

本年度の募集に向けて多角的に選考を進めてまいりましたが、パカパカファームは今年についてはワラウカドへの競走馬の提供を最優先としセレクトセール及びセレクションセールには参加しないことを決定しました。

生産馬については、2017年の当歳で何頭か売却していますが、2017年産1歳のセレクト・セレクションセールでの売却、そして2018年産の2018年セレクトセールでの売却はないとのこと。
サマーやオータムまでは言及されていませんが、毎年出してましたっけ。

来年以降はワラウカドの売れ行き次第でしょうけど、これは良いニュースかと思います。
ワラウカドの初年度はともかく、2年目は「アレ?」と思った方も多かったでしょう。
セレクトセールに全く出さないという訳ではないにしても、結構注目馬を出していましたし募集頭数も寂しかった。
2018年は変わるというのに期待したいところです。

なお、ツアーは日帰りで2日間、2018年8月25日(土)と26日(日)で開催されるようです。
ニューワールドとかぶっているので日帰りとなった?のでしょうか。

さて、生産馬からワラウカドの2018年募集馬を適当に予想します。
あくまで適当募集予想AIノーザンくんの適当な予想です。
クラブが違ったり、個人馬主になることがありますのでご参考まででお願いします。
体調不良という事も当然あります。

昨年のセレクトセールで売れなかった馬・パートナーズシップ名義も含めて、全部出てくると想像しておきましょうか。

となるとリズムオブライト2017が気になります。
トルコの国際イスタンブールトロフィを勝ったのが記憶に新しいところでしょうか。
ずっとディープを付けてようやくの産駒が牡馬です。
募集されてほしいですね、高いでしょうけど。

昨年も募集されていますがキトゥンカブードル2017は牝馬です。
こちらは出てくる可能性高いと思いますけど、楽しみですね。

オールアイキャンセイイズワウ2017はキネオダンサー、ディープエクシードと上は堅実というイメージもあります。
キズナ産駒ですし、出来次第ではとても高くなりそう。

個人的には牝馬の注目はセルフプリザヴェーション2017かと思います。
母はG1で2着あり、そして初仔のシャルドネゴールドが京都新聞杯3着。
大物が出る血統になるかもしれません。

パカパカファームの5月18日付Facebookでもネタにされていますが、ナンという繁殖牝馬を見て、私は以下の画像を思い出します。
何が間違っているのか、未だに理解できていません。

ナンですが

そういう意味でもナン2017は注目ではないでしょうか。
いったい、何だっていうの!

>>ワラウカド2018年適当募集予想馬の一覧はこちら

適当募集予想

オージーカンパニー2017 牡 エスポワールシチー
スウィートアンドフローレス2017 牝 オルフェーヴル
アンキャニー2017 牝 キズナ
オールアイキャンセイイズワウ2017 牡 キズナ
ナン2017 牝 ゴールドシップ
アブソリューション2017 牡 ゴールドシップ
シセイカナタ2017 牝 ジャングルポケット
スカラムーシュ2017 牡 ジャングルポケット
セルフプリザヴェーション2017 牝 スクリーンヒーロー
ボカイウヴァ2017 牡 スクリーンヒーロー
キトゥンカブードル2017 牝 ディープインパクト
リズムオブライト2017 牡 ディープインパクト
オフェーリアシチー2017 牝 ディープブリランテ
トリプルアクト2017 牡 ディープブリランテ
セブンバイセブン2017 牝 パイロ
ユリカチャン2017 牡 パイロ
ツーソックス2017 牝 リアルインパクト
リリウオカラニ2017 牝 リアルインパクト
カメリアローズⅡ2017 牡 ヴィクトワールピサ

スポンサーリンク