2017年1月にペガサスワールドカップが開催される

2017年1月28日にアメリカ・ガルフストリームパーク競馬場でペガサスワールドカップが開催されることが発表されました。
レースの総賞金は1,200万ドル。
ドバイワールドカップを超え、世界一の賞金レースとなります。

もうレース名からして凄いレースっぽい。
何となく私は古い人間ですから、ペガサスと聞くと流星拳しか思い浮かびませんが・・・どうでもいいか。
日本でも以前ペガサスステークスがありましたけど、今ではアーリントンカップ。

総賞金1,200万ドルという事で、ドバイワールドカップの1,000万ドルを超えて、世界最高賞金レースとなります。
しかし、主催が総賞金を出す訳ではなく、出走馬が100万ドルの出走枠を購入する形となるようです。
本来のステークス(馬主どうしが賞金を拠出して、その賞金を取り合うレース)ですかね。

1月のアメリカでダート9ハロン。
賞金は魅力ですけど、果たして出走馬が集まるのだろうか。
馬券の収益やスポンサー料も出走馬に共有されるようで、心配ないのかも知れませんけどね。

アメリカはブリーダーズカップが終わると、ちょっとオフシーズンという感じになっているので、1月にこのレースが定着すれば1年通して盛り上がりそう。
競馬ファンもシーズン通して盛り上がる!?
有力馬はこれだけビッグレースがあると、狙いを定めないと調整が難しそうですけど・・・。

ペガサスワールドカップ 概要

日時:2017年1月28日(第1回)
競馬場:ガルフストリームパーク競馬場
距離:ダート9ハロン
頭数:出走枠(100万ドル)を購入した12頭

いつかは日本馬の挑戦も期待したい所です。
ラニの3冠挑戦にはワクワクしています。
そして、コパノリッキーがブリーダーズカップ挑戦かも、というニュースあり、今からドキドキです。

個人的な目標としては、いつかは下記レースを1年通して現地で見たい。

1月ペガサスワールドカップ
3月ドバイワールドカップ
5月ケンタッキーダービー
6月ロイヤルアスコット
10月凱旋門賞、チャンピオンズデー
11月ブリーダーズカップ
12月香港国際競走