地方競馬の馬主になろう! その5

今日から地方競馬の2歳戦がスタート。
スーパーヒトシクンチャレンジという事で、私もそろそろ地方競馬の馬主になるために、本気を出していかなければなりません。

この1ヶ月は手術・入院・逆立ちと、私生活でいろいろあったため、全く地方競馬の馬主については進んでいません。

当初は全部自力で進めようとしたのですが、このままだと20年はかかりそう。
早く取りたいけど進め方が分からない・・・1つの手段としてクラブにサポートして貰うという手があります。

丁度、社台グループオーナーズから2017年の「馬主登録ガイド」が届いたのであります。

3行以上は読めない体質なので、JRAの馬主登録の項目は当然パス。
NARの馬主登録の要件を早速見て見ました。

抜粋すると・・・。

・年間の所得金額が原則500万以上であること。
・ただし、300万円以上500万円未満でも金融資産の残高等の状況によるよ!
・60歳以上の年金受給者は金融資産の残高等の状況によるよ!
※金融資産=(預貯金や株等)

要するに「所得 500万円以上」が必要とのこと。

結構勘違いされる方も多いのですが、所得というのは、他人の気持をおしはかること。
・・・それは今流行の忖度でした。

要するにサラリーマンだと給料から税金とかが引かれた額が所得・・・ですかね。
私は無職透明ですから、所得では勝負になりません。

であれば、金融資産で勝負・・・という事になりますね。
走らない馬をたくさん1口持っていますが、金融資産に入りますでしょうか。

自慢ではないのですが、貯金はかなりあります。
恐らく100,000円はあります、我ながらよく貯めた。

という訳で、地方競馬の馬主登録の要件を満たすにはこの100,000円で勝負を賭けることになります。

なお、社台グループオーナーズでは、JRAだけではなく、NARについても事務局で馬主登録の代行を実施してくれるとのことです。
これは有り難いですね。

NARの審査委員会は年5回行われており、申請してから登録されるまでは標準で概ね3ヶ月と記載があります。
(JRAの馬主登録者は約2週間)

そして、登録料として10,000円がかかるようです。
貯金の残高が90,000円になってしまいますが、審査を通過できるのでしょうか・・・少し不安。

もう面倒になってきた(?)ので、事務局で代行してもらおうかなと考えています。
90,000円で何とかしてくれるでしょう。
事務局に電話すればいいのかな?

「もしもし、事務局さんですか。ピザ3枚をサンデーサラブレッドクラブへお願いします。」

ドキドキしてきました。

つづく。

自分の人生 所得5円未満
自分の人生 所得5円未満

スポンサーリンク