広尾のいちばん長い日

広尾サラブレッド倶楽部を退会しました。
正確に言うと、退会申請を郵送したばかりで6月一杯は会員ですが。
「広尾のいちばん長い日」と題して、退会する日をドキュメンタリー形式でお送りしません。

私が1口馬主を始めた頃の憧れ、それは「シンボリホースメイト」に入会すること。
あのシンボリルドルフを募集していたクラブ。
憧れて当然でしょう。

ただ、当時は貧乏、今では超貧乏。
当時は、ラフィアンと友駿の会費や維持費を払うために、一生懸命近所のコンビニでバイトしていて一杯一杯。
酔っ払いに絡まれたり、オーナーに絡まれたり。
とても新しいクラブに入会する余裕などありませんでした。

その後、近所にあるネズミがチヤホヤされている国のレストランでバイトや、マクドナルドでバイトを・・・って、私のバイト日記みたくなってきたの打ち切りにします。

時は流れます。

シンボリホースメイトがクラブを一新
サウスニアレースホースクラブになることになりました。
まだシンボリ牧場との関係は続いていたので「このタイミングだ!」という事で、入会したのです。
この頃にはバイト掛け持ちで余裕が出来ていましたからね。
もう社会人になっていたかは忘れたけど。

冠名が「マルーン」だった時は失敗したかと思いましたが、反対もあって?冠はつかないことに。
ファモーザとかリリーアンドローズとか、あまり走りませんでしたが、最初は楽しかったのを思い出します。
特に個人的にはトレーニングセール馬が好きなので、アルシラートやプラチナメーンとかは楽しめました。
プラチナメーンは広尾になってからの募集だったっけ・・・忘れた。

更に時は流れて、サウスニアから広尾サラブレッド倶楽部へ。
広尾になってからも、ソウルオブエイチとかソウルオブエイチとか、凄く楽しめました。
愛馬の名前が歌にもなって、なんて凄いクラブなんだ!と本気で真剣にまったりと。
ステラリードで函館2歳ステークスを勝った時の配当が、1口2万を切っていたのも今では懐かしい。

いろいろなイベントもあり、口数も多くなったり、会員でもよく分からないキャンペーンだらけ。
異端的は意味でも楽しみにしていたクラブだったのです。

しかし!
この前にシーザライト調教見学ツアー(直前でキャンセルした)で10年以上会員をしてきて、一気に覚めてしまった。
既に競馬や1口馬主に興味がないこともあり、速攻でサイトから退会を申込み。
退会申請書も送付しました。

現役馬はディグアップセンスと無料で貰っていた2歳がいて申し訳ない気持ちもあります。
2000口という事もあり、最後まで待たずに退会を選択しました。
ごめんなさい。

退会申請書を書く時、いろいろな思い出が走馬燈のように・・・。
広尾のいちばん長い日だったのです。

今までありがとうございました、広尾サラブレッド倶楽部様。

今まで入会したクラブだと、友駿は退会をしていますが、こちらはよく分からないまま退会になったので、正式な手続きを踏んでの退会は私個人史上初ではありました。

余談ですが、退会申請書。
チェックリスト形式で□に「レ」を記載していくのですが・・・。

■退会日は通知の翌月末になるよ!
レ 確認しました。

■クラブポイントは失効になるよ!
レ 確認しました。

■引退前の出資馬は権利放棄になるよ!
レ 確認しました。

■会員プレゼントなどの申込み権利はなくなるよ!
レ 確認しました。

■出資馬の履歴や会員履歴はリセットされるよ!
レ 確認しました。

ここまでは良いのです、次からトラップ。

■今後募集パンフを送ってもいい?
レ はい □ いいえ

ここは流れでチェックしてもパンフが送られてくるだけなのでまだ良い。
問題は次。

■出資馬代金が0円になったりする広尾の魅力をイロイロと説明
レ 退会を取りやめる □ 上記を確認した上で退会を希望する

!!!
3行以上は文字が読めない私ですから、危うく、ろくに読まずに流れで「退会を取りやめる」をチェックする所でした。
恐ろしいけど、何となく広尾っぽいなーと思います。

今考えるとチェックは「レ」ではなく、「○」にすれば良かったと反省しています。
その理由は何故か!?

マルーンですから。

横浜とか巨人にいた投手のファンクラブ会員証ではありません
横浜とか巨人にいた投手のファンクラブ会員証ではありません

スポンサーリンク