DMMバヌーシー 2018 LASTSELECT CAMPAIGNを実施 セレクトセール購入馬3頭を新たに募集

2018年8月1日

DMMバヌーシーは、2018年セレクトセール1歳で3頭落札しています。
その3頭が7月31日18時から募集開始となりました。
しかも、2018年度最後の募集となる3頭を特別価格で提供するとのこと。
一体おいくら万円なのでしょうか。

DMMバヌーシー、2018年度最後の募集ということですが、未だに募集する年齢とかタイミングがよく分かっていないので、そうなのか・・・くらいの感じ。
セレクトセール当歳で購入した4頭も、既に募集予定として発表されている馬も、2019年度の募集になるから、貯めてないでお金は使ってネ!ということなのでしょうか。

さて、2018年度最後の募集のキャンペーン「2018 LASTSELECT CAMPAIGN」。
どんなキャンペーンなのか見ていきましょう。

月払方式
1口300円 ⇒ 200円

一括払方式
全3頭 1口 10,000円

な、ななんと、こんなことがっ!!!(
落札価格がバラバラなのに3頭とも1口10,000円なのだとか。

なお、初期費用として別途2,420円~4,960円が必要となります。
さらに、2口が申込みの上限(2口目は9,000~9,600円/1口)となっていて、保険内容も既存募集馬とは違っているようです。
詳しくはバヌーシーのページにて。(3行以上の文章は読めない)

確かに安いかもしれないけど、バヌーシーは募集価格を含めいろいろと複雑なので安いのかよく分からん。
要するに会費?が通常よりも約70%~90%OFF!になっているみたいですね。

さて、募集馬。
3頭とも牝馬なのですが、やはり5,200万円で落札されたシンハディーパ2017が気になりますね。
シンハディーパは1勝馬ですけど、その母はシンハリーズ。
直仔はもちろんシンハライトを含め活躍馬多数ですけど、ポロンナルワもお母さんになってよい仔(ディーパワンサ)を出しています。
黒光りする重量感溢れる馬体。
私事ですが、このシンハリーズの系統を追い求めていまして、アダムスピーク・ランカティラカ・ディーパワンサ・ガルヴィハーラと出資しています。
この勢いだとシンハディーパ2017が加わっても、ファミマの隣にセブンイレブンができるのと同様に全く違和感がない気もします。

ミッキーパール2017は2,500万円で落札。
こちらも祖母はエヴリウィスパーですから、活躍馬多数の系統。

デアリングハート2017は3,000万円で落札。
母は重賞勝ち馬。
仔はまだブラックタイプになる馬は出ていないけど、スラっとした脚が長いキンカメ牝馬らしい馬かも。

こう見ると、ミッキーパール2017とシンハディーパ2017は単純な落札価格でも2倍の開きがあります。
なので、シンハディーパ2017にいくのがお得に思えちゃうけど、カラクリがあるのでしょうか。
今の一口馬主プチバブルだと結構 3頭とも売れるのではないでしょうか。

私も週末の馬券で大勝負して、その結果次第でシンハディーパ2017に申込んでしまうかも知れません。
ソルドラードの複勝に1,000円の大勝負!

募集馬

シンハディーパ2017 牝 ダイワメジャー
ミッキーパール2017 牝 キズナ
デアリングハート2017 牝 キングカメハメハ

>>DMMバヌーシー2018年度募集馬の一覧はこちら