シルク 2018年度1次募集の結果発表 1番人気はアドマイヤセプター2017

8月6日、シルクホースクラブ2018年度1次募集の結果が発表されました。
1番人気のボーダー金額を知るのが今から怖い。

いつも募集スケジュールより前倒してくるシルクですが、2018年度1次募集の結果もスタコラと発表されました。

満口馬の発表⇒ボーダーの発表⇒そして会員毎の結果発表

と15時過ぎから結構じらしてくださいまして、公式サイトをF5連打していたのは秘密にしておきます。

さて、募集の1番人気(総申込)・・・そしてボーダー金額は!?

1位 アドマイヤセプター2017 2,629口 (1,193口)
2位 アイムユアーズ2017 2,426口 (1,036口)
3位 タイタンクイーン2017 2,029口 (724口)

申込み口数の上位3頭は予想通りだったでしょうか。
この口数ももう驚きません。
カッコ内は抽優申込数です、実績で取れた口数と相殺されているのかは不明。
ただ、今までは不透明な抽選(あくまで見えないという意味で不透明という不透明ではなく・・・以下略)だったのが、抽優制度ができて狙いが絞りやすくなりましたね。
この結果を見ると、超人気馬でも1/6程度では取れるようです。
今後も、実績では無理だと思ったら一発狙ってみるのも良いかもですね。

・・・はい、一口馬主は引退していますけど少し欲が出ていまして、記念に参加してみました。
アドマイヤセプター2017の抽優突撃。
そして結果は・・・見事にラストグルーヴ2017が取れました!
何となく似てますものね。

抽優でラストグルーヴ2017をゲット

さてさて、気になるのはボーダーです。
どのくらいの実績が必要だったのか・・・。

1位 アイムユアーズ2017 10,618,000円
2位 アドマイヤセプター2017 7,894,000円
3位 タイタンクイーン2017 7,712,000円

アイムユアーズ2017が1番の実績が必要で1,000万円ちょっと。
昨年とそう変わっていませんね。
口数制限もあるので、もうこの辺がなんとなくの天井となっていくのかもしれません。

私は近所のゴミ拾いが実績にカウントされますので、1ゴミ拾いは100万円相当(当社比)ですから、余裕で取れる計算になります。
年間330万円程度、近所のゴミ拾いをすればいいので楽勝です。

個人的にはアンティフォナ2017が1番で、次にキューティゴールド2017やプチノワール2017・ルージュクール2017だったのですが、
アンティフォナ2017もルージュクール2017もプチノワール2017も300万以上の実績が必要でした。

改めてこの結果を見ると、予想をしていたとは言え凄すぎてシルクはもーいーわ、という気がしています。
趣味を一口馬主から登山にして良かったかもしれません。
という訳で来月、藻岩山にでも登ってきます!
もーいーわ!

みなさんの結果はいかがだったでしょうか!?
寂れた掲示板に是非教えてくださーい!

>>2018年シルク募集馬いろいろ雑談

>>愛馬登録

シルク2018年度1次募集の結果は下記でまとめています。

>>シルク 2018年度1次募集の結果