ロード 2018年度新規募集のカタログが届く

ロードサラブレッドオーナーズから2018年度新規募集のカタログが届きました。
ブラックリストに載っている私にもカタログが届くとは・・・昨年は届きませんでしたから。
ロードと和解する時が来たということでしょうか。

昨年は三石まで行って、募集馬展示会にも参加したのにカタログが届かず。
飼っているヤギのへっぽ子は青い紙は食べたくないみたいなので、食べたとは考えにくい。

そこからでしょうか。
私とロードの仲が険悪なムードに・・・なってはいません。

先ほども今年のツアーで当選したケイアイファームのシャツを着てコンビニで買い物。
ケイアイノーテックでお馴染みなケイアイファームです!と宣伝をしてきました。
ロード会員が3人くらい増えるかもしれません。

公式サイトにもカタログが掲載されていますし、動画もyoutubeで高画質になっていましたね。
私のyoutubeだとchromeで見ていると閲覧できない動画が多いのですが、youtubeで障害が起こっているのだとか。
その場合は、ブラウザを変えると閲覧できたりします。

今年のカタログですが、先日のスワンステークス写真も掲載されていました。

やったー、ロードクエストが勝ったから10万部印刷済だけど急遽差し替えだ!
冒頭の中村さんのコメントにも付けくわえとかないと!
だったと想像しておきます。

カタログをパラパラポコポコと捲ってみましたが・・・今年は正直ピーンと来る馬がいませんでしたね。
アンチロードカナロアの一人ですから、毎年のことではありますが、ロードカナロア産駒が多すぎますものね。
ツアーでも数年前のロードマドリードみたく光輝く馬はいませんでしたし、セールで購入したサウンドオブハート2017は小さかったし・・・。
417キロまで成長しているので問題ないでしょうけど、ガッチリ派が好きなので好みからは外れてしまいます。
コメントにもあるように、これだけ生産馬にロードカナロア産駒がいても敢えて買ってくる・・・期待できる気もします。

そんな中でも、ロードでは走らない?と言われている募集番号1番。
エンジェリックレイ2017が訴えかけてきます。
アンチロードカナロアですけど、やはり父も母も元出資馬というのは惹かれますし、兄ラナキラ・シュタルク共に出資しています。
この馬体であれば文句ないでしょう。
ただ、ラナキラの方がとても良かった記憶があります・・・お母さんも小さかったけど、本馬もやや小柄。
これからの成長に期待したいです。

しかっし、今年は出資意欲が湧きません。
もちろん一口馬主を引退したというのもありますが、ロードの馬が・・・というのもありますね。
ロードマイウェイは勝ちましたが、2歳の勝ち上がりが今一つ。
ロードリッチが新馬戦で2着でしたが、ロード違い。

私事ですが、2016年産2歳馬は11頭が勝ち上がっています、内訳は・・・。
キャロット 4頭
シルク 3頭
ユニオン 2頭
ウイン 1頭 (1頭のみ)
サンデー 1頭 (1頭のみ)
ラフィアン 0頭 (1頭のみ)
ロード 0頭 (たくさんいる)

ロード 0頭、ロード 0頭・・・ロード 0頭。
だってシュタルクしかデビューしていませんもの、とほほ。
もう、将来はリッチになってロードリッチを応援します。

2018年度新規募集の先行受付は11月26日までです。
ポイントも10%付きますし、お早めにお申し込みください。
私も25日くらいに自宅付近のポストへ投函しようと思います。
なお、昨年も書いたけどロードは郵送のみで持ち込みは受け付けないとのこと。(社員さん確認済)
ポストに直接入れるのもダメっぽいですから、25日にポスト投函というドキドキを味わうのは私だけでいいでしょう。
お早めに。

>>ロード2018年度新規募集馬の一覧はこちら

スワンSのロードクエストの写真がドデデーーンと!