Danedream(デインドリーム)の仔ソリッドドリーム、競走除外の理由…こんなことあるんだ

本日4月18日の門別競馬に出走を予定していましたソリッドドリーム。
競走除外となっていましたが、その理由があまり見たことがないので紹介します。

ソリッドドリームの紹介

ソリッドドリームは父はFrankel、母は凱旋門賞を勝ったDanedreamという夢の良血馬。
イギリスのShadai Farmで生産され、社台サラブレッドクラブにて1億2千万円で募集されました。
角居厩舎(中竹厩舎)で2戦しましたが、デビューが遅いこともあったでしょうか。
芝とダートでそれぞれ1戦したが見せ場がなく、地方競馬から中央再転入を目指すことになりました。

骨膜を除去する手術を経て、ようやくの地方競馬デビュー、それが4月18日のレースだったのです。
なお、2019年1月7日に去勢手術を受けています。

馬名の由来は「確固たる夢」。
確固たる夢に向かって、再転地でのデビュー・・・楽しみにしていたファン、会員の方、関係者の方も多かったのではないでしょうか。
スピードは抜けていたようで、脚元との闘いというコメントまでありましたからね。

>>ソリッドドリームの募集情報

>>Danedream(デインドリーム)の繁殖牝馬情報

競走除外の理由

しかし、待ちに待った4月18日のレースは競走除外に。
NARのサイトでは、

変更理由:事故

となっています。

その理由は・・・個人的にはあまり見たことがなく衝撃的だったのですが、

「セン馬」の登録をしておらず「牡馬」のままで出馬投票してしまった

ことが競走除外の理由とのこと。

ソリッドドリームは1月7日に去勢をしています。
確かに、2019年4月18日門別5Rの出馬表を見ると「牡4」と記載されています。

ほえー、こんなことってあるんですね。
出馬投票するレースを間違えるとかは聞いたことありますが、セン馬登録を忘れる?というのは初めて聞いたかも。
結構あることなのでしょうか・・・ないですよね。
社台のサイトによると、「JRAや南関東ではありえないこと」という記述も見れますし。

調教師はミスを認めていますが、どこかで気が付くようにはできなかったのでしょうかね。
能力試験も通った訳ですし・・・。
ホッケイドウ競馬としても事前に検知することは難しかったのでしょうか。
2日間の売上が好調で2歳戦も盛り上がっている門別競馬で、このような事故が起きていたのは残念。

何より復帰を楽しみにしていた会員の方、関係者の方はショックというかガッカリ感もあったのではないでしょうか。
私は一ファンとして、この世界的な良血のレースを楽しみにしていましたけどね。
出馬表を見ていたけど、セン馬になっていたことは知らなかったので気が付いていませんでしたけど。。。

ソリッドドリームですが、実は少し歩様の硬さがあったとのことで、セン馬の登録をしていたとしても、出走取消の可能性もあったようです。
でも、性格が悪い(+頭も顔も悪い)私ですから、本件のミスとなんか関係しているんじゃないの?とか少し疑ってしまう。
最初は故障で取消ということにしておいて内密に過ごそうと思ったとか・・・そんなことはないか。
たまたまなのでしょうけど・・・。

次開催には登録できるのかな?
競走馬は本当に出れる時に出ておかないと何があるか分かりませんからね・・・。
無事に出走までいってほしいところです。
がんばれ、ソリッドドリーム!

なお、ソリッドドリームの1つ上となるデインドリームの初子ナッシングバットドリームズは未出走で引退。
既に日本に来ており、社台ファームにいます。
今年、無事であればジャスタウェイ産駒が生まれているハズです。
こちらも気が早いけど超楽しみです。

>>ナッシングバットドリームズの繁殖牝馬情報