偉大なホースマン

一口馬主
スポンサーリンク

残念なニュースが・・・。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2021/03/20/kiji/20210319s00004000535000c.html

馬主、生産者として知られる岡田繁幸(おかだ・しげゆき)氏が19日朝、亡くなった。死因は不明。この日が71歳の誕生日だった。

SNSのトレンドで見かけて知ったのですが、その後は仕事にならず。
著名人の訃報でここまで精神的に来るのは初めてかも・・・それほどショック。

ツアーやパーティーで見るくらいでしたけど、確かに数年前は本当に体調が悪そうでした。
何日間も食事が取れないという話を自虐風に話していましたが、見るからに顔色も悪く心配になりました。
しかし、一昨年のツアーでは食事療法?とかで改善されたと、顔色も良さそうで安心したのです。
今年の種牡馬展示会では姿を見せていたとのことで、もう大丈夫なのかなと安心していた矢先・・・。

一ファンでしかないですが、かなりのショックです。

私が最初に入会した一口馬主クラブがラフィアンターフマンクラブ。
当時は岡田繁幸氏に憧れてというよりかは、100口のクラブがそんなになく、サービスが良さそうだからくらいの感覚だったかもしれない。
しかし、岡田繁幸氏の魅力にハマっていく訳です。

手書きのポートレートやビッグレッドで取れた野菜を送ってきてくれたり。
え?こんな血統の馬が活躍するの!?というのもありますが、多くの会員がそうだと思いますが、会員をひきつける魅力や会話術にも普通にハマっていったのでした。

見学に行くと実に丁寧にもてなしてくれました。
その会員を大切にする考えは、ビッグレッドファームグループ全体に継承されていますよね、ツアーに参加すると毎回感じます。

そして、未だに忘れられない出来事。
今でこそ私は馬アレルギー(藁とか?埃とかもダメ)とわかっていますが、若かった頃は分かってませんでした。
ビッグレッドによく行ってましたけど、何故か体調を崩してしまう。
見学時に体調が悪いことが分かると、すぐさま医者に電話して頂いたことがあります。
ただの一会員なのに、代表がそこまでしてくれるとは・・・と感激したのは忘れられないです。

コスモヴューを作っている時も、「ここに傾斜がうんぬん、坂路で強い馬を~」と熱く今後のビジョンを話してもらいましたが、
私みたいな(当時)若い一会員に対し、ここまで熱く語ってくれるなんてと感激したのも忘れません。

ご家族の気持ちや病状も分からず、軽率なことは言えないと分かっていますが・・・、71歳・・・まだ早すぎますよ。
日本ダービー制覇も英ダービー出走も実現していませんよ・・・。

コメント

  1. エイシンドーレ より:

    私も力が抜けてしまいました。
    今は冥福を祈るのみです。

    岡田家は結核血統と牧雄さんがいってました。父も兄も結核だったと。
    だから、基礎的な体力が無いので、長生きは難しいとも繁幸さんは言ってましたね。
    また、お酒の美味しさ好きなんだけど、飲むと必ず下痢をしてしまうとも、繁幸さん。

    グランパズドリームが旧二歳時から応援していて、いずれはダービー制覇てきると思っていたのですが、夢のままで終わってしまいました。この悔しさを紘和さん義広さんに、んとかして貰いたいです。

  2. さんぜす(管理人) より:

    >エイシンドーレ さん

    ショックですよね・・・数年前は本当につらそうでしたが、
    回復していると言っていただけに。。。

    そうだったのですが、遺伝的な要因もあるのでしょうか。

    息子さんたちに夢の続きを・・・でしょうか。
    一緒に応援していきたいところです。

タイトルとURLをコピーしました