ラホーヤノキセキ、中央デビュー戦で優勝

既に4歳12月。
ようやく中央デビューとなった馬がいます、その名も4歳12月にデビューした馬。

とにかくデビューまでが長かったです。
私の無駄な人生くらい長かった。

そうです、ラホーヤノキセキが中央デビューとなりました。
ボーンシストで中央デビューは早々に諦め、北海道とかでデビュー予定も遅れに遅れ、今年になって名古屋でデビュー。
本当にデビューできるのかしら?と少し疑った方もいたのではないでしょうか。

私は藤原代表を信じていますから、少し疑っていました。

なお、ボーンシストを知らない方がいると思いますので、解説をしますと、私も知りません。
要するにボーンがシストするのだと思われます。

ラホーヤノキセキですが、デビューしてからの3戦は圧勝で、3戦目は3.4秒差の大差勝ち。

本日、ようやくの中央競馬デビューとなったのでした。

もう森一騎手のお手馬のようになっていますね。
近況コメントからもそう感じます。
兄マジェスティハーツもだったし、この馬で・・・ラホーヤで奇跡を起こしてもらいたいものです。

遅生まれだし、まだ4戦4勝2着1回と無敗な馬。
1000万下でも頑張ってほしいと思います。

そういえば、先週ですけど、ラホーヤノキセキ仲間と飲んでいたのです。
前祝となりましたね。
その時の焼き鳥を思い出しながら、ラホーヤ・・・いえ、ラッホーヤノキセキ(地方時代の実況ではそう聞こえた)のレースをじっくり振り返ろうと思います。

このレースでへっぽこ軍団2018年ついに50勝目となりました。
(地方は賞金200万以上のみ加算)

次の目標は?と聞かれ・・・全く聞かれないけど、とにかく次は51勝目を目指して・・・なんて言わずに、37勝目を目指したいところです。

 

ラホーヤノキセキ前祝会場での一コマ