風邪を惹いている時に何をするべきか

週半ばから体調を崩して、未だに寝込んでいます。
原因はジム後にタオルを忘れて自然乾燥に徹したせいでしょうけど、年のせいか風邪の治りも遅くなっているかも知れません。
まだまだ若いつもりでしたが、最近は人差し指だけで逆立ちするのも苦労するように・・・元々できないけど。

とにかく頭痛が痛い、痛いから頭痛、ずつうがずつうーと続いています。
治らない。
熱はそこまで無い(体感)なので、インフルエンサー(ゼンノエルシド×ヒシアリエル)ではないとは思いますが・・・。

実はジムの受付後のカードを間違って持ってきてしまい、早く返しにいかないとダメなのですが、体調が良くならないと行けない。
ジム利用免許取り消しとかになったらどうしよう。

風邪で寝込んではいますが、何をするべきなのでしょうかね。
自然治癒を目指しているので、睡眠時間を増やしてはいるけど、特に風邪薬とかは飲んでいません。
膝の故障や足の捻挫も同じ考えですけど・・・捻挫は貼るロキソニンは買ったか。

やることもないので、歴史の勉強をしていました。
インターネッツは素晴らしい。

特に勉強しているのが「飛行機の歴史」です。
ライト兄弟は有名ですけど、ベースボールではどのポジションだったかは有名ではありません。
日本でも結構前に飛ぼうとした人もいたようですね。
ちょっとの間に飛行機はどんどん進化していって、第1次世界大戦では主力ではないかもですが戦場に登場。
このような技術の進歩はすさまじいですね。

そういう点では風邪で寝込んでいる時のマストアイテム、スマホの技術進歩も凄いですかね。
この数年ですものね、一気に進化したのは。
私もスマホ依存症だとは思いますけど、電車の中とかの光景は異様なので、外に出ている時はなるべくスマホは使わないようにはしています。
家では超使うけど。

スマホのおかげで競馬のレースも寝込みながら見れてしまう。
そして、オールフォーラヴが抜け出したと思ったら、浜中騎手の凄い騎乗。
無事に走ることがどれだけ難しいか・・・と先週痛いほどわかったつもりなのに、人災で敢えてぶつけていく必要はないですよね。
ぶつかった後に怖がって手前を変えたようだし、パトロールを見ると最後も外にかなりヨれています。
降着とかはどうでもよくて、今後の馬人生に影響を与えるか・・・そちらの方が心配です。
微妙に5着ラルムドールも多少微妙に僅かにそれでいて影響を受けている気がしますし、危ない騎乗は避けてもらいたいものです。

そして、ダノンプレミアムでケイアイファームもクラシックを勝つチャンス到来と言った感じでしょうか。
(レディパステルはシンコーファーム生産)
その流れでいろいろと寝込みながら調べていたら、ロードジパングが勝った時の写真が目に留まりました。
三浦騎手が何かを胸に秘めたようなポーズをしていました。
勝手な解釈だとロードセレリティとロードトレジャーに対してでしょうか。
こういうシーンは競馬のレースを超えたシーンだと勝手に思います。

という感じで寝込んではいますが、ドラゴンボールのフリーザ編を一気に読んでしまった程回復はしてきています。
今は私の戦闘力は5ですけど、風邪さえ治れば戦闘力3にはなるかと考えています。

スポンサーリンク