2017年社台スタリオンステーション繋養種牡馬の種付頭数 新種牡馬ドゥラメンテが284頭!

2017年社台スタリオンステーション繋養種牡馬の種付頭数が発表されました。
ドゥラメンテが284頭、モーリスが265頭、ミッキーアイルが147頭。
3頭あわせてドゥラリスアイル。※深い意味はありません。

2017年の社台スタリオンステーション全体での種付頭数は4,104頭。
2016年が4,332頭でしたから、少し下がっていますね。
あまり社台スタリオン一極化は好きではないので、いろいろな種牡馬を生産者さんにはチャレンジして頂きたいです。
外野の適当な意見だし、売れ行きが違うのだろうけど。

新種牡馬ドゥラメンテが284頭。
毎年のことながら、凄い頭数ですね。
種付頭数の日本レコードです。
更新されるまでの1位はルーラーシップの280頭でしたので、4頭上回りました。
新種牡馬の種付頭数としても昨年キズナの269頭を大きく上回っており、凄いとしか言いようがありません。
頭数を抑えているキンカメ需要もあるのでしょうけど、ルーラーシップが今の所は印象今ひとつというのもあるかも?

同じく新種牡馬モーリスも265頭。
種付し過ぎて「もう無理っス」と言っていたかは分かりませんが、モーリっスです。
ミッキーアイルも147頭。

ルーラーシップ、ロードカナロア、ディープインパクトは安定の200頭超えですね。
オルフェーヴルが下がってきていますけど、2歳が活躍しているし、来年は盛り返すかもしれません。

ゴールドアリュールも6頭種付。
何頭産まれてくるか分かりませんが、貴重なラストクロップになりますね。

個人的に気になるのはタートルボウルが33頭。
これは寂しい。
フレンチデピュティはスタリオンパレードにはいなかったので引退かと思ってましたが、16頭に種付をしていますね。

なお、クロフネが15シーズン目となる2017年に66頭の種付で生涯2,892頭となり、国内生涯種付頭数の日本記録となったようです。
今まではフジキセキの2,889頭。

昨年同様、ずれているけど下記を貼らないとダメな気がしています。

284頭の種付・・・。

  .∧  ∧;
  ;/||ヽ‐‐ ヽ
 ,彡 ● ●|
.;|ヽ    /ミ
; 彡、ヽ||   l\ ,
./  ( o o)/`> ):
(_二)  / (/;
;|   |;
‘ \ヽ/ /:
, //\\ .
;(_ノ  (_); 

ずれてるけど気にしない。

>>2017年社台スタリオンステーションの種牡馬一覧はこちら
※種付頭数を更新しました。

2017年社台スタリオンステーション種付頭数

エイシンフラッシュ 144頭
エピファネイア 210頭
オルフェーヴル 191頭
カジノドライヴ 68頭
キズナ 212頭
キングカメハメハ 132頭
キンシャサノキセキ 118頭
クロフネ 66頭
ゴールドアリュール 6頭
ジャスタウェイ 121頭
スピルバーグ 58頭
スマートファルコン 101頭
タートルボウル 33頭
ダイワメジャー 161頭
ディープインパクト 231頭
ディープブリランテ 148頭
ドゥラメンテ 284頭
ドリームジャーニー 36頭
ノヴェリスト 111頭
ハーツクライ 176頭
ハービンジャー 164頭
フェノーメノ 87頭
フレンチデピュティ 16頭
ミッキーアイル 147頭
モーリス 265頭
リアルインパクト 112頭
リーチザクラウン 98頭
ルーラーシップ 240頭
ロードカナロア 243頭
ヴィクトワールピサ 125頭

合計:4,104頭

どれかの種牡馬 (2017年7月)
どれかの種牡馬
(2017年7月)

スポンサーリンク