地方競馬の馬主になろう! その10

2018年3月19日

私の適当リアルタイム企画「地方競馬の何かになろう」、いよいよクライマックスシリーズです。
ようやく馬主登録申請を行うことをしようかな、と考えるところまで進みました。

前回は必要書類を再取得したところまでお伝えしたと思います。

しかし、印鑑証明書を取得するための印鑑登録カードみたいなのが見当たらない。
地球上で一生懸命探しました、かなりのテンションで。
探しても探しても暮らし豊かにならず、全く見つからない。

これは印鑑登録の再申請コースなのかしら・・・と思った瞬間!!!
カバンに入ってました。
探している時のテンションを返してっ!
印鑑テンション。(インカンテーション)

カバンの中で見つかったのが19日ですからまさにリアルタイム更新。
探し物は何ですか~カレーと食べるのはナンですか~。
見つかる時はアッサリ見つかるものですね。

早速、印鑑証明書は取るとして、いよいよ大詰めといったところでしょうか。
最大の難関は「写真」ですが、最近は私の顔もかろうじて写真に耐えうる形になってきたと自負しております。
写真を撮ると魂が抜けるのだけが心配ですが、私のブサイク顔でも写真機が壊れなければOKとしましょう。

次に問題になるのは、

馬主登録申請の動機

になるでしょう。
最近、駅の階段を上り下りすると動機息切れが激しいですが、申請に動機が必要なのであります。

一応、社台地方競馬オーナーズ様からの案内では
「動機は以前より地方競馬に興味をもっていましたのよん。ぜひ馬主登録をして地方競馬を楽しみたいと思い申請しましたよん。」
と簡単な内容でよいと記載があります。

しかし、私の動機というか意気込みは凄まじいものがありますからね。
そもそも、地方競馬関係の仕事をしていたのを転職までして地方馬主を目指す・・・なかなかの動悸息切れですよね。

ですから動機は以下のような感じで書こうと思います。

馬主登録申請の動機

地方競馬の楽しさをその辺の知らないオッサンたちに伝えたい。
そのためには地方馬主になって本当の楽しさをまず己が知る必要があります。
私みたいな底辺でも地方競馬の馬主になって、地方競馬の楽しさを伝えることができるかもしれない。
地方競馬って本当に楽しいし夢もあります。
中央競馬の2軍ではありません。
その楽しさや夢を伝える伝道師のような存在になりたいと考えています。
最近流行りのYouTuberっぽく言うのであれば、地方競berになりたい。
そう思い応募しました、親戚が勝手に。

よくジャニーズに勝手に親とか親戚が応募したとかあるので、そんな感じでいいかなと思います。
とにかく地方競馬の楽しさを本当に伝えたいのです。

この動機理由で却下されたらどうきよう。(どうしよう)

つづく。