ちょっと愚痴っちゃう インディチャンプについて

一口馬主
愚痴りたくなっちゃう
スポンサーリンク

本日の香港国際競走。
日本馬が大活躍でしたけど、こんだけ盛り上がっている中、私の出資馬は出遅れ&どん詰まり。
愚痴っていいですか。

インディチャンプって、春秋マイルチャンピオンな訳で、香港マイルを勝つと年度代表馬(有馬記念の結果次第)もあったと思うんですよね。
もちろん、相手も強いので勝つなんて難しいかもと思ってましたが、期待もしていました。

そんな中、騎手がレーン騎手に変更となる。
レーン騎手がどうこうではなく、なんでここで乗り替わるんだろう、そう思った出資者の方も多かったはず。

ただでさえ、出遅れたりするし抜け出すタイミング等も難しい馬。
更に今回は初めての場所でのレース。

結果を出している福永騎手や池添騎手ではダメだったのでしょうか、と。

負けていたりしての変更なら分かりますけど、福永騎手も池添騎手も結果を出していますからね。

前回の池添騎手もテン乗りだと難しいと事前に予想していたら完璧に乗りこなしてくれてました
本当に何度見ても理想的なレース運びをしています、凄い。

それだけに本日のレースは納得がいかない結果になりましたよ
出遅れは仕方がないし、内で前が開かなかったのも人気馬なんですから簡単にはいかないから仕方がない。
ただ、結果論で負けたから納得がいかないと言っているのではなく、同じ負けるにしても、福永騎手か池添騎手で負けた方が余程納得がいったかと思うのです。
何だかモヤモヤ感がたくさんあります。

そしてネットでは溢れるそもそもインディチャンプは余力がなかった云々の議論。
レースを少し見ただけの憶測でのコメントの嵐。
馬を見る天才の多いこと多いこと。
あとマウント取りたい人の多いこと。(この話の流れからは関係ないけど)

話しが脱線しちゃうけど、戻すとすぐ外国人騎手に頼る現代競馬って魅力ありますか?

結果を出している内は変える必要はないと思いますけどね。
いろいろな意見はあるでしょうから、あくまで私個人の一意見ですが。
ファンドなのでクラブ法人の決断は受け入れますけど、愚痴くらいは言ってもいいじゃない。

ウインブライトはずっと松岡騎手で結果を出しています。
藤田菜騎手もJRA重賞勝ちをしていますが続けて乗って結果を出しています。

そのような馬達もいるなかで、なんだかなーと改めて感じた一日でした。
元々競馬や一口馬主への興味がないこともありますが、本当にもう競馬を見る気もなくなっちった。

本日サンデー出資馬のブルスクーロは太宰騎手での勝利。
キッカケはどうであれ、見事にチャンスを物にした訳で乗り続けてほしいなと。
こういうのを応援したくなっちゃう。

ウインカムトゥルーも本日勝ちましたが、松山騎手が先約を断ってでも乗ってくれている馬。
こういうのを応援したくなっちゃう。

来週も出資馬では、

ターコイズステークス オールフォーラヴ 石橋脩騎手
ディセンバーステークス セダブリランテス 石川騎手
何たらステークス ゴルトマイスター 武藤雅騎手

という想定。
この騎手を見ると超応援したくなっちゃう。

ただ、勝負事ですので結果が伴わなければ上位騎手含め外人騎手に乗り替わりは仕方がないことかと。
日本に来ている短期免許の騎手は各国のトップジョッキーな訳ですから。

という訳でいろいろ愚痴りたくなっちゃいます。
もう新しい趣味を探したいでっす、とほほ。

しばらく更新が途絶えるかもしれませんが、サイトや当ブログを閉鎖したらごめんなさい。

・・・予定を変更してウインの募集予想をこの後アップします。

いいね! 61 いいね!
(良い記事と思ったらいいねを…励みになります)

読み込み中...
一口馬主
スポンサーリンク
スポンサーリンク
馬主にゅーす

コメント

  1. まんぼぅ より:

    今回の乗り替わりについては激しく同意で、
    メンバー手薄なのに何故か掲示板の真ん中を繰り返す騎手は
    乗り替わって然るべきですが、
    いっくんさんもぞえさんもG1の舞台で結果を残していた訳で。
    オリオンステークスでルナステラに乗らないといけないので
    香港に行けません、って言うわけないじゃなーい。
    レース選びもですが、こういう事をされると一口馬主熱がスッと冷めそうで残念です。

    • くだらね より:

      前回の乗り代わりはうまくいったから文句無し
      今回はうまくいかなかったから文句有り
      それだけのことですよね

      • さんぜす(管理人) より:

        >くだらね さん

        違いますよ。

        前回は騎乗停止で仕方が無く乗り替わり、今回とは状況が違う。
        池添騎手はそんな中でもチャンスをもらってしっかりと結果を出した、福永騎手ももちろん。
        しかし、テン乗りが難しい馬なのに今回は乗り替わった。
        その2人が理由があって乗れないのであれば仕方がないがそうでもない。

        同じ負けるにしても、結果を出している日本人騎手で負けた方が納得がいった、という話でレース後の愚痴として書いてます。
        レース前から不安視していたものが全て出てしまっていますから。

        あと、わざわざ人のブログにまで来てコメント書いて、くだらねとかチラシのウラとかアドレス欄に書くのは?
        個人ブログですからチラシの裏と変わりませんけど。

      • まんぼぅ より:

        それだけ、に読めたなら私の筆力が足りなかっただけです。
        不快にさせて申し訳ありませんでした。

    • くう より:

      激しく同意、ちょっと懐かしい言葉で言うなら禿同です!

      池添くんを見ていると、競馬界におけるサンデー支配のおそろしさを感じます。

      三冠獲ってもフランスではオルフェーヴルに乗れず、有馬を勝ってもブラストワンピースを降ろされて、代打でG1勝っても、次は乗せてもらえない。

      これだけ仕打ちを受けたら、普通なら絶縁状ぐらい叩きつけて然るべきだと思うのですが、文句ひとつ言えない。

      サンデーの独裁、なんとかならないものですかねえ……。

      これだけの地位と名誉を手に入れたのだから、もう少し広い視野を持ってほしいですよね。

      とにかく勝てば良いってのは暴君の思考。
      真の盟主となるのなら、日本人ジョッキーにチャンスを与えてほしいです。

      • さんぜす(管理人) より:

        >くう さん

        何らかのミスがあって降ろされ上位騎手になるなら実力の世界でもあるし、仕方がないところはありますよね。
        ただ、結果を出している中で海外だからという理由での乗り替わりは非常に残念。

        ノーザンの外国人騎手至上主義は今に始まったことではないですけど、特に今回は何だかなーという気持ちになったので愚痴書きました・・・。

        そう考えると、池添騎手って凄いですね。(^^;

        はあ、何だかなーという気持ちです、とほほ。

    • さんぜす(管理人) より:

      >まんぼぅ さん

      ノーザンの外人至上主義もどうなのかなと思いますよね。
      結果出ている内は批判もそうないでしょうけど。
      インディチャンプに関しては乗り替わらないでいってほしいですよね。
      特に失敗している訳でもないですし・・・。

      なんだか私は何度目か分かりませんがさめました!

タイトルとURLをコピーしました