シルク 2018年度の募集から最優先を追加 しかし実績>最優先抽選>一般抽選の順

シルクホースクラブの2018年度募集から最優先ができるようです。
しかし!?

噂にはありましたけど、今年のシルク募集は制度が少し変わります。
今月号の会報「シル・・・えっと、えっと何だっけ会報の名前」で発表されました。
・・・そうです、最優先が追加されます。

ただ、最優先はあくまで抽選枠で有効になるとのこと。
実績枠は変わらないため、優先順位としては下記になります。

実績(300口)>最優先抽選>一般抽選

あくまで実績が有利なのは変わりません。
抽選枠(200口)内で優先される優先権となるようです。

続けてきた実績制度がある以上、簡単に制度の変更できないとは思いますけど、なかなか微妙ですけど現状だと仕方がないところをついてきましたね。
一般抽選は完全抽選で、システムでピコピコポコポコっと出しているのでしょうけど、2016年度の不評を受けてか、2017年度の募集は結構人気馬でも1頭は取れている会員が多かった気もしています。
決して、シルクが操作していることはないでしょうけど、1頭くらいは取りたいですよね、本当に。
最優先制度は1頭を取りたいという会員の確率を上げる訳ですから、良いと思います。

アーモンドアイやブラストワンピース等の活躍により、新規会員も増えているでしょうし(多分)、ますますシルクの抽選は激化すると思います。
最優先枠でも200口を超えてしまうケースも馬によっては出てくるでしょうね。
キャロットみたいに×が付くと優位になる訳ではないのが、本当に欲しい馬を手に入れたかったらお金をジャバジャバ払ってねウフフ、という事なのでしょう。

どのような形で票数を発表していくかは分かっていませんが、最優先の申込口数も発表するかと思うので、今までみたいな「当たるかもしれないのでとりあえず申し込んでおこう」は少なくなるでしょう。
代わりに実績を積みたい人は、最優先の馬に10口とか行く方も多くなるかも知れませんね。
となると200口ではすぐに・・・どうなりますことやら。

ダービーが終わり、恐らく6月上旬には募集馬も発表されます。
この多少なりとも制度が変わることで、1人でもシルクを続けようと思う会員さんがいればいいと思います。
私の周りですと、ほとんど撤退を考えている方ばかりですから・・・寂しいの。

1つシルクさんに言いたい。
実績はお金だけで本当にいいのですか?
どれだけシルクを愛しているかも実績に入れていただきたいです、本当に。
私のシルク愛はどのくらいかと言うと、テリー・コリンズ監督と破局した時に「そうなんだ」と特に関心もあまりなく、いえ、とりあえずショックだったくらいです。
オリックスではシーズン途中辞任などもありましたが、5位と6位だったと思いますけど、WBC中国代表を率いてチャイニーズタイペイに歴史的な勝利。
この功績は素晴らしいものでしょう。
ありがとうテリー・コリンズ監督!

スポンサーリンク