4月20日から応援幕の愛馬会法人名使用の禁止について厳格化

2月14日、シルクホースクラブのお知らせに「応援幕の愛馬会法人名使用の禁止について」が掲載されていました。
これはシルクホースクラブに限った話ではなく、一口馬主クラブ全体の話ですが、今後は愛馬会法人名を掲載した応援幕は例外なく掲示不可となるようです。

私はパドック(下見所)の応援幕は出したことはなく、いつもチラチラ見ている隠れファンです。
ゼファー魂とかは、一時期すぐに探していましたね。

一口馬主各クラブも続々とこれから改めてお知らせは掲載されるとは思いますが、

4月20日から応援幕の愛馬会法人名使用の禁止

のルールが厳格化というか、再徹底されるようです。

ルールが変わったの?

今までもパドックでの応援幕掲載ルールには、

『レーシングプログラムに記載があること=出走馬に関係があること』が前提

であったようで、ルール自体は変わっていません
しかし、シルク公式のお知らせによると、愛馬会法人名が掲載された応援幕も稀に?許可が出ていたことがあったようです。

4月20日以降は有無を言わせず愛馬会法人名を記載してはダメ、となり、もし記載されいたら応援幕の掲示ができなくなります。

どうして愛馬会法人名を記載してはダメなの?

大きく2つあります。

その1、レーシングプログラムに記載がない。(レースに出走させているのはクラブ法人のため)
その2、企業の宣伝・広告と取られかねない。

どうしても、一口馬主会員からすると愛馬会法人が見えている訳で、クラブ法人には多少の違和感があるかも知れませんが、レースに出走させているのはクラブ法人ですからね。
確かに言われてみれば、ロゴとか含め愛馬会法人の宣伝となってしまう可能性もありますね。

クラブ法人名の記載はいいの?

愛馬会法人名がダメなのは分かった、ではクラブ法人名だといいのか?

クラブ法人名だと問題ない、となります。
レーシングプログラムにも当然ですが馬主として記載があります。

今後はどうなるの?

クラブ法人についてもカッコイイ、それでいてまったりとしたロゴ等を作ってもらい応援幕に記載すればOKですよね。

<シルクホースクラブの場合>

〇シルクレーシング ×シルクホースクラブ

となるので、シルクというキーワードは残っているので、あまり違和感がないかも知れません。

他のクラブも、そんなにクラブ法人名を出したところで違和感がない気もしてきました。
ある1つのクラブを除いては。

<ワラウカドの場合>

〇フクキタル ×ワラウカド

フクキタルだと「どこ?」になるかも知れませんね、普通の競馬ファンであれば。
しかし、逆の発想をすれば、フクキタルの活躍馬がたくさん出ることにより、普通の競馬ファンが「ワラウカド=フクキタル」と認識できればいいだけです。
そうなると、自然と福が来ます。

応援幕は本当に有難いですよね、作るのも大変でしょう。
競馬場に行ってパドックで出資馬の応援幕を見ると、とてもほっこりとします。
いつも有難うございます。

折角の出資馬が出走する日、応援幕を出せないことになったら悲しいことになります。
ルールを守って楽しい応援を・・・でしょうか!

私が応援幕と作ると
こんな感じになります