5Gで競走馬のリアルタイム監視が実現するかも 一口馬主のサービスも充実していく!?

一口馬主
スポンサーリンク

個人的には来年からの5Gにワクワクプクプクしています。
生活が結構変わるかも・・・と。

まず5Gとは何か・・・ですよね。
いつもなら面白くないギャグで逃げるところですが、今回は真摯に向き合います。
要するに第5世代移動通信システムのことです。

5Gの細かい点はキャロットクラブのサイトでも見ていただくことにして(書いてないけど)、とにかく生活が変わるのを期待してしまいます。
IoTという言葉が話題になっていますけど、5Gを境にして一気に凄いことができるようになるのではないでしょうかね。

それでは5Gによって何が変わるのか・・・一口馬主で考えてみましょう。

・出資馬の馬房をリアルタイムで見れる

これは別に今でもできるのでしょうけど、カメラをセットして放置しておく。
馬房で暴れたりぶつけたりすると、スマホにアラートが来る。
出資者はただじっとスマホを見つめる・・・これこそがモノノインターネット、意味は分かりませんが。

・出資馬の移動状況をリアルタイムで見れる

これも別に今でもできるでしょうけど、瞬時に出資馬がどこにいるのか分かる。
馬運車の中で暇してないかとか、輸送で馬体重が減ってないかとか・・・分かってもどうすることもできないけど。

・出資馬の育成場やトレセンでの調教時計や心拍数等のリアルタイムデータを受信

これも別に今でもできるでしょうけど、瞬時に出資馬の状態が分かる。
何かアクシンデントがあっても人の行動までは伝えないので、ムズムズすること多し。

・・・考えたけど、あまり良いものないや。
別に今でもできますしね。

昨日でしたっけ、弁当屋がyoutubeでリアルタイムに動画配信して売り上げが上がったとかありました。
JRAもいよいよ坂路以外の調教時計も自動計測するみたいだし、5Gになれば今まで以上の大量データも送受信可能となるでしょう。

今では考えられないような競馬の楽しみ方も出てくるかもしれません。

なお、上記のような実証実験が成功したとのニュースも出ています。

KDDIら、軽種馬育成をサポートする5G実証実験 ドローンからの8Kライブ映像伝送に成功

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1911/13/news128.html

意外と早い段階で実現しそうかもですね。
とはいえ、一口馬主のサービスとして活用できるようになるには時間がかかるでしょう。
キャロットクラブあたり、やってくれないかな。
あくまで厩舎等の関係者に情報提供を頼るのではなく(昨日記事を書いたみたいにサービスが変更になるし)、遠隔操作でやれれば迷惑もかからないでできそうですし。

AIとか駆使してドローンを厩舎まで飛ばして、馬を撮影する。
その内、AIが暴走して人を襲うようになり、過去へターミネーターを送り込む・・・ここまでは簡単に推測できます。

馬でもプライバシーとか写しちゃいけないとかありそうですね。
そして、普段は見れないあんなことやこんなことまで見れてしまうとか・・・の問題も出てきます。
便利な世の中になっても、マナーは守ることが大切ですね。

コメント

  1. まんぼぅ より:

    お馬さんたちのあんなシーンやこんなシーンもDMMなら。
    バヌーシーも18禁ですよね。知らんけど。

    • さんぜす(管理人) より:

      >まんぼぅ さん

      そうですよね、普段見えないからいいところもありますもんね(^^;。
      私たちは綺麗な所しか見えてないところもあるので、
      実際は担当者の人とか大変ですもんね。
      まさにバヌーシーです!?

タイトルとURLをコピーしました