シルク 2018年セレクトセール購入馬

2018年7月30日

2018年のセレクトセールでシルクホースクラブが購入した馬を振り返ります。

ツアーも始まり、皆さんのシルク申込選考も進んでいることでしょう。
ここで追加募集となるであろう(多分)、募集馬を思い出しておくと予算を残す必要があるかも判断できると思います。
追加募集は抽優馬制度がないみたいなので、いろいろと難しいところもあるでしょうが・・・。

シルクはセレクトセールで2頭落札しています。
ノーザンファームとレイクヴィラファーム生産馬なので、松屋でうどんを頼もうと思ったらこちらではやってません、と言われるくらいのことでしょうか。
最近できた家の近所の松屋はうどんが食べられるようです、うどんがあるなんて結構衝撃的でした・・・うどん大敵です。

この2頭は順調なら追加募集で出てくるのでしょう。

ラッドルチェンド2017は1つ上のコルネットもシルク募集馬ですので、2年連続ラッドルラッドルになります。
リアルスティールの引退という最近残念なお知らせもありましたけど、この血統は本当に大物を出します。
ラッドルチェンドもそろそろなのでは・・・と期待しちゃいますね。

メジロルバート2017の血統もシルク御馴染み?な血統。
メジロルバートの仔がメジロツボネ、その仔が今週出走予定となっているシルク所属グローリーヴェイズ。

そして、先週レコードでデビュー勝ちと衝撃なレースをしたウィクトーリアの2着が1つ上のクラサーヴィツァ。
これも何かの縁、シルクの縁。
クラサーヴィツァもレコードで走っていますし、結構強い内容だったと思うので、父がオルフェーヴルに代わって大物も・・・かも。

メジロ血統ファンにはたまらないですよね。

私事ですが、何度も書いていると思いますが、無料提供でしたが最初の愛馬となったクラウンシチーがデビュー前に併せ馬をしていたのがメジロリベーラ。
当時10冠ベイビーとか騒がれていましたね。
クラウンシチーはそんなメジロリベーラに先着していて凄い馬なのでは、とか毎回ドキドキしたのを思い出します。
そうです、メジロルバートの姉がメジロリベーラなのです。
メジロラモーヌについては、残念ながら現役時代は真面目な小学生だったので競馬を知らなかったのですけど、メジロの血統でもラモーヌの系統は特に応援したいと勝手に応援しています。

なかなかセールの写真を見ると、好馬体をしていると思いますし、値段次第では面白いかも知れませんね。

セール購入馬

ラッドルチェンド2017 牝 ディープインパクト
メジロルバート2017 牡 オルフェーヴル

>>2018年セール購入馬の一覧はこちら