【へっぽこ道】最初で最後?の函館競馬場への遠征

へっぽこ道
顔はメガネの一部
スポンサーリンク

今週は函館競馬場で函館スプリントステークスが開催されます。
自伝として残しておかなければならない、ある思い出があります。

へっぽこ道は、誰も興味がないと思いますが、私の自伝です。

スポンサーリンク

最初で最後?の函館競馬場への遠征

私のこの先短い人生、函館競馬場へは1度しか行ったことがありません。
その1回は・・・あれは忘れもしない、いつだったかは忘れていますが2012年の函館スプリントステークスを見に行った時。

函館自体は、高校生の時にも来ているし、旅行で普通に来てはいます。
五稜郭なんて3回は行ったような。
新千歳空港で最近は必ず食べる函太郎も函館で教えてもらって食べてハマったのが最初。

競馬開催のタイミングがなかなか合わず、ようやく実現したのが2012年の函館遠征。
出資しているロードカナロアが函館スプリントステークスに出走したからです。

函館まではどう行ったかと言うと、往路は新幹線と何かの電車を乗り継いでいきました。
途中、青森駅だったかで乗り換えがあったけど、数分しかなくて焦ってダッシュしてコケた記憶があります。
電車で行く函館も良いものですね。
復路は飛行機。

当時から競馬に興味がない私は、函館競馬場に着いてまず指定席で爆睡。
お腹が減ったので、フードコートに行ったのですが、何か美味しいものはあるのかな~と探していたら、やはりラーメンが目に入る。
あじさいのラーメンにしちゃった。
味は普通だったような・・・。

食べたらすぐ寝て、寝る子は横に育つ。
競馬に興味がないので、メインまでまたまた爆睡。

函館スプリントステークスはグリグリの1番人気だったロードカナロア。
レースでは騎手が直線の長さを500メートルくらいあると勘違い・・・ではなく、うまくドリームバレンチノが外から進路をふさぐ形もあり、惜しいのか惜しくないのか2着。
こんなに◎がついていたのに・・・とほほ、と函館まで来てかなりショックでしたよ。

レース後のロードのレクチャーはシーン、誰も話さない。
エライ人は怒って帰ったと言っていた。
これで次走から岩田騎手に乗り替わることになるので、今思えば笑い話かもだけど、当時は本当にどんよりしていた空気だった。

レースが終わってスタコラと競馬場を後にして、寿司を食べに行った。
ホテルは適当に予約したところ。

そして事件が起きます。
ただでさえ、ダントツの1番人気で出資馬が負けていてもう残りのHP(ヒットポイント)は赤文字な訳です。
寿司を食べて少しはHPが回復したのですが、宿屋で完全に回復したいではないですか。
大浴場でホイミでも唱えよう、そう思った時でした。

普段から裸でネクタイだった呪いでしょうか。
メガネをロッカーに置こうとした瞬間!!!
ポコポコーン。
なんとメガネを落としてしまい、パリリリンと割れてしまいました。

とりあえず冷静さを保ちつつ、湯船に使ってHPは3/4まで回復したけど、明日からどうすればいいのか、と。
顔はメガネの一部ですし、生きていけない。

仕方がなく、ホテルのフロントに正直に「メガネが割れました、つけるものください」と。
接着剤みたいなのかな、出してもらったけど、この接着剤もあと僅かしか残ってない。
この少ないチャンスを逃すものか!一人ロビーで裸・・・いや、さすがに着替えていたかもですが、メガネをくっつける作業を10分くらい悪戦苦闘。
なんとかギリギリくっついた。

出資馬はダントツ人気で負けて、メガネは割れる。
函館なんて、函館なんて・・・とショックでその日は健やかに寝た。

パーポーパーポーパッパンポーン。 (ドラクエの宿屋の音)

翌朝もメガネはまだかろうじてくっついている。
これなら今日は持つかも・・・では朝飯でも食べにいくか、朝食バイキング付のホテルにしたんだし。

と、今にもふたつに戻りそうなメガネを頭にかけつつ、朝食に向かったのですが・・・。

朝食が凄かった。

そうです、適当に予約した函館のホテル、それが「ラビスタ函館ベイ」でした。
かなり朝食は有名ですものね、当時は全く知らんかった。
とにかくボリュームあって、海の幸があって、何なら焼いてくれた。
出資馬が重賞で負けて(とはいえ2着だから凄いことだけど)、メガネは割れて、散々な函館遠征だな~と思っていただけに、この朝食だけで全てが吹き飛んだ。

今度、函館に来ることがあったらまたラビスタ函館ベイに泊まろう、そう誓ったのでした。
・・・次に行く機会はその後は訪れていない。
今は予約も大変なのかもしれませんが・・・。

顔はメガネの一部

・・・あら、当時の写真を見たら思ったほど割れてなかった。
でも割れたことは間違いなく、接着剤で頑張ってくっつけたのは今では良い思い出です。

—–

そして時は流れ、今週の函館スプリントステークスにも出資馬が出走予定。
父と同じく高松宮記念3着からのローテ、厩舎、厩務員も一緒。
同じく1番人気になるかもですが、何だか不安もありますね。
また何かが割れるかも・・・筋トレ頑張っているので、腹筋が割れて欲しいですけど。

※本記事は、しばらく経ったらイラストや写真を追加して、サイトに移動します。

コメント

  1. まんぼぅ より:

    ラビスタからダビスタに脱線しないさんぜすさまが本気で心配です。

    • さんぜす(管理人) より:

      >まんぼぅ さん

      ダビスタの話は別で書きたくてうずうずしています。
      原稿用紙3枚分くらいの膨大な量がありますので!!!

  2. 券ぷう より:

    龍王の通った道程を1歳遅れて歩む…
    本当に楽しみな一戦ですね(*^^*)
    偉大な父の背中を追い掛けて貰いたいです。

    …ノースペースは勘弁して欲しいけど(^_^;)

    • さんぜす(管理人) より:

      >券ぷう さん

      本当ですね。
      1歳違うけど父と同じ道を・・・。
      斤量とまたフィアーノロマーノがいるのが気になります(;^_^A
      頑張ってほしいですね!

タイトルとURLをコピーしました