ウイニングポスト9 2020が発売したことで私のウイニングポスト人生は終わった・・・

その他
わがウイニングポスト人生に一片の悔いなし
スポンサーリンク

私のウイニングポスト人生がオワタ。
2020年3月12日にウイニングポスト9 2020が発売されました。

私事ですが、人生の中で歴代プレイした時間が長いオフラインゲームは間違いなくウイニングポストシリーズです。
(オンラインゲームはドラゴンクエスト10で現在進行形)
特に初代ウイニングポストは寝る間も惜しんでプレイしていました、馬主体験ができるのが画期的だった。
計ったことないので適当ですけど、プレイ時間は初代だけで300時間は超えていると思う。
シリーズ全体で言えば軽く500時間は超えているのではないかな、ゲーマーからしたら大したことないかもですが、私にとってはゲームとしては凄い時間を費やしているということ。
昔、某■さんでバイトしていた時、ゲームのテストプレイのバイトだったのに数時間が我慢できずよく寝て怒られてた、そのくらいの実力ですから500時間超えは凄いこと。
ノートにびっしりとデータを書き込んで、凱旋門賞を獲った後も延々と馬主プレイを楽しんでいました。
その後も、過去の名馬と対戦できたり所有できたり。
一口馬主クラブ運営ができたり、シリーズを通してかなり長い間楽しんできました。

ところがドスコイ。
最近のは馬以外の要素(子孫とか)がどうもな~、そして何より能力が分かることが嫌でプレイしていませんでした。
競走馬はスタートするまで分からない、そんなゲームを楽しみたかったのですよね。

確かに私みたいなマニア向けにすると売れないのは分かる。
分かるけど、ウイニングポスト15くらいには腰フラやボーンシストでデビューできなかったりで出走するのも難しいこと、実際の中央競馬同様、勝ち上がるのも厳しいこと・・・そんな体験ができるウイニングポストを期待してました。
牧場に加え、外厩を作ったり、引退後の牧場を作ったり・・・南米やオセアニア、香港やシンガポールで走らせたり…南アフリカでG1を狙ったり、イタリア競馬を復活させたり。
そんなウイニングポストがやりたかった。
だからこそ、全く影響ないでしょうけど、8以降はプレイしなくても毎回一応は買ってました、箱から開けてないけど未来への投資だと思っていました。

競馬ゲームは数多くやってきました。
ダビスタも面白い、クラシックロードも面白い、サラブレッドブリーダーも面白い・・・でもウイニングポストが一番だったのですよ。

そんな私のウイニングポスト人生がオワタ。
オワタオワタ・・・もう卒業しろということでしょうかね。

理由は下記の引用を参照。
ウイニングポスト9 2020・・・。
なんですか、競走馬 所有可能数+5が440円とか、牧場面積+3が440円とか。
まだパワーアップキット商法なら我慢できていたけど、さすがにこの課金ダウンロードコンテンツ商法は無理。
過去の名馬やスーパーホースが追加料金?

今までもキャラクターとか衣装とかは確かに別課金はあった気がするけど、ここまでヒドカッたでしたっけ。
便利になるものや時短になるものはまだ分かる。
幼駒・競走馬 能力開示チケット、限界突破?とかはゲームの楽しみ方として別課金は、まあ個人的に買わなければいいだけなので許せるけど、所有頭数や牧場拡張、過去の名馬やスーパーホースはもうダメ。

さようなら我がウイニングポスト人生。
今後はプレイすることはないでしょう。
投資だとしてももうウイニングポストは買わないし、次の1万円札はシブサワ・コウとかももう言わないっ。

2.施設機能拡張
(1)WP9 2020 競走馬 所有可能数+5
【配信中 / 440円(税込)】
日本、米国、欧州のすべてで、プレイヤーが 1 世代に所有できる競走馬の数を5増やすことができる。

(2)WP9 2020 牧場面積+3
【配信中 / 440円(税込)】
日本、米国、欧州のプレイヤー牧場、およびクラブ牧場で、放牧場の面積を3増やすことができる。牧場施設「基本施設」の効果とは別に、面積を増やす効果を得られる。

3.競走馬入手
(1)WP9 2020 メジロの力 購入権セット 全2頭
【配信中 / 660円(税込)】
同じ牧場で生まれ、ともにスターホースとして活躍した 2頭の名馬、メジロマックイーンとメジロライアンを無料で譲ってもらえるセット。この 2頭の名馬は、本DLCの適用によってのみゲーム内で入手できる。

(2)WP9 2020 坂路の申し子と黒い刺客 購入権セット 全2頭
【配信中 / 660円(税込)】
3歳クラシック戦線でライバルとして戦った 2頭の名馬、坂路の申し子ミホノブルボンと黒い刺客ライスシャワーを無料で譲ってもらえるセット。この 2頭の名馬は、本DLCの適用によってのみゲーム内で入手できる。

(3)WP9 2020 オリジナルスーパーホース 購入権セット 全4頭
【2020年3月26日(木)配信予定 / 880円(税込)】
「Winning Post」シリーズおなじみのスーパーホース、アウトオブアメリカ、ネココネコロガール、クロスリング、ダークレジェンドの 4頭を無料で譲ってもらえるセット。早期特典として 2020年3月25日(水)まで無料配信される DLCと同じ内容。

コメント

  1. たか より:

    目玉の未来ストーリーが中途半端 SHもメジャー血統ばかりでマイナー血統がない 新系統も現実でも認知されてるはずのロベルト系 デインヒル系が未だに確立してないSP種牡馬すら無いからどうもならん エーピーインディ キングマンボまで調べたのだから気づかないわけないだろ 

    • さんぜす(管理人) より:

      >たか さん

      なんだかもうウイニングポストという違うゲームな気もしますね。

  2. 通りすがり より:

    STEAM(PC)版なら4月4週の金札5枚で交換できる虹札でそれらの馬は手に入れられるようになっていますよ。
    その代わりセリに出てこなくなって手に入りにくくなりましたけど。

    • さんぜす(管理人) より:

      >通りすがり さん

      そうでしたか!
      PC版とゲーム機版では違うのですね。
      ゲーム内で全て完結してほしいです・・・。

      • HEKIL より:

        購入権についてですが、あくまで無料で手に入れる事が出来るようにするものであって、PS4版でもお守り+ゲーム内所持金で入手可能です。
        (Switch版は所持してませんが、おそらく同じでしょう)
        これはPSストアの商品説明にも注意事項として記載されております。

        • さんぜす(管理人) より:

          >HEKIL さん

          ありがとうございます!
          例えばメジロの力 購入権セットだと、下記の表記があったのですが、ゲーム内でも買えるのですね。
          表記が紛らわしいような気がします・・・。

          >>この 2頭の名馬は、本DLCの適用によってのみゲーム内で入手できる。

  3. HEKIL より:

    より詳細をお答えします。
    DLCによってのみ入手出来ると記載されたものに関しては、ゲームスタート時に現役競走馬となっており、ゲームの仕様上、通常プレイでは入手することが出来ないため、オーナーの途中交代という特別演出で自己所有競走馬として入手することとなります。
    通常プレイでは幼駒の状態でしか売買出来ませんので、DLCでのみ入手出来るという記載になるわけです。
    それ以外の、ゲームスタート時に未誕生の過去名馬購入権に関しては、お守り+ゲーム内所持金で入手出来ると記載があります。

    • さんぜす(管理人) より:

      >HEKIL さん

      詳細ありがとうございます!
      表記は私のように勘違い?する人も多い気がします、お金ださないと手に入れられないよ、と。
      そうでしたか・・・毎年買っているのですが、今回のも買ってみようかな。

  4. sss より:

    牧場の施設面積課金は言い逃れができませんし、プレイへの影響も大きすぎます。
    私も呆れてしまいました。もうだめですね…

    • さんぜす(管理人) より:

      >sss さん

      牧場や施設は・・・呆れますよね・・・。
      好きなシリーズだっただけに残念です・・・。

      • ダクソ より:

        牧場とかの拡張は別に良心的じゃね
        なくても事足りるし

        史実馬追加関係に関しても
        あくまで所有できるようになるだけで
        敵としては存在するしな

        ヌルゲー好きなおっさんにはキツイかも知れないが、自家生産で史実馬倒すプレイする俺からしたら気にならん

        寧ろ、良心的だわ

        • さんぜす(管理人) より:

          >ダクソ さん

          なるほど、プレイスタイルによって・・・というのはあるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました