ワラウカド クラブ法人のフクキタルがNAR馬主資格を取得

ワラウカド

ワラウカドのクラブ法人「フクキタル」がNAR馬主資格を取得したと8月26日に発表されました。
ようやく私に追いついたということでしょうか・・・え?違うって?

ワラウカド公式サイトのお知らせを引用します。

クラブ法人フクキタルがNAR馬主資格を取得しました。

現在の愛馬会法人ワラウカド所属馬・募集馬については、今後ファンドを解散する事なく継続して運用する事が可能になり、また将来的に地方競馬を運用先とした競走馬ファンドの募集も可能となりました。

もう今では中央で未勝利でも少しでもチャンスがある馬は地方(NAR)で中央復帰は当たり前になっていますよね。
NAR馬主資格の取得はとても良いことではないでしょうか。

タイミングを合わせたように早速?

マーガレットリバーの進路についてのアンケート

が会員に来ているようです。
マーガレットリバーは先週の未勝利戦で7着。
地方競馬で中央復帰を目指すかオークションか・・・という選択肢のアンケートでしょうか。
詳細は分かりませんが、会員にアンケートとは凄いですね。

たくさん会員いれば様々な意見は出てきますよね。
「何食べたい?」「なんでもいいよ!」「じゃあラーメンにするか」「ええーやだー」という光景を何度も見てきました。

前走が初ダートだったし、地方競馬で・・・という人が多いと予想しますがどうでしょうか。

地方競馬の競走馬ファンド

上記お知らせには気になる一文が。

将来的に

そうそう、私には将来がない・・・ではなく、

地方競馬を運用先とした競走馬ファンドの募集も可能となりました

とあります。
中央競馬だけではなく、最初から地方競馬での募集も今後あり得るかも知れませんね。
計画がなかったら敢えて書かないでしょう、多分。

地方競馬の馬主向けオーナーズはたくさん出てきていますが、ファンドは難易度が高く・・・私も挑戦しようとしたけど挫折気味。
ワラウカドさん、何卒お願いいたします・・・。
グリーンファーム愛馬会とかを見ると、需要あると思うのですけどね。

地方競馬からの中央復帰

今年からスーパー未勝利戦がなくなったことで、今週末がラスト未勝利戦となります。
毎回、胃が痛いです。
更に、今年の1歳世代から年明けの新馬戦がなくなったり、2歳戦の開始が早まったりする可能性が高い中央競馬。
スリーアウトとかの制度もそうですが、益々厳しい戦いになっていきます。
特に故障で育成が遅れた馬や晩成の馬。

そう考えると、無理をせず地方競馬からのデビューも十分考えてもいいと思います。

私の出資馬では先週グラマラスライフというシルクの馬が勝ちました。
JRAで勝てず地方から戻ってきて、4歳のこの時期にJRA初勝利です、泣いちゃう。
諦めないことが大切と教えられました。

昨年はJRA未デビューのラホーヤノキセキが地方競馬デビューからJRAで勝ちましたし、少し前はロードセレリティが1000万下からのJRA復帰で初勝利ということもありました。
可能性は無限大、未勝利だからって諦めるのは早い訳です。

ダート路線を求めての地方転籍も今後は多くなってきそうですし、ダート路線が盛り上がっていくことでしょう!
やはり競馬はダート、私にはニート・・・は卒業して今では立派な子供部屋ひきこもり。

2018年1歳募集は9月から

先着順とのことですが、もうすぐ募集開始となりますね。
今から近所のファミマに行ってボカイウヴァーーー!とケーキでも買ってきます。
私の生き甲斐が食後のデザートとビール、デザートオブライフフォーセール。

へっぽこ軍団 - 一口馬主データベース | ワラウカド 2019年度1歳馬募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました