地方競馬の馬主になろう! その15

2018年11月29日

地方競馬の馬主になってみたはいいけど、馬主登録証は近所のファミマではTポイントカードの代わりに使えないし、なかなか実感が湧きません。
そもそも、馬を1頭も所有していないし・・・。
あっ!なるほど、そういうことか!馬を買わないといけないのか!
その15からは馬探し編です。
全127回。

実は、6月の社台グループツアーに参加して、ぽけーっと1頭の馬を見ていたら吉田照哉さんに熱心に勧められた馬がいたのです。
こういうのってキッカケですから、エラい人が言っているなら信じてみよう。
そう考えて、その地方オーナーズの馬でいいかなと考えていたのですが、ツアー時点ではまだ地方馬主免許が取れるか分からなかったので・・・。

少し人気がありそうな馬を狙ってみるか!

と直前で欲が出てしまった。
申し込む馬を本当に直前も直前に変更しちゃった。
だって、勧められた馬は残ると思ったんだもん、だもん。

見事に申し込んだ馬は1番人気だったようで無事に落選・・・そこまで人気だったとは。
申込みの人気が出ていたであろう公式サイトにログインできなかったのが悔やまれます。(パスワード設定をミスってたみたい)
勧められた馬も売切れになっちまった。

という訳で、まだ1頭も共有馬を含めて所有馬はいません。
確か、1年以内に1頭以上を所有しなければいけない・・・みたいな鉄の掟があったかと思います。
多少猶予はある?ようですが、警告が来るみたいですよね。

来年の社台グループで申し込むのもいいのですが、折角なので考えてみます。

・コスモオーナーズ

1頭が募集中止になりましたが、まだ2頭の地方馬が募集されています。
その中でもマイネサンサン2017は、馬名からも分かる通りマイネの馬。
ではなく、サンサンの血統です。
当サイトも「サンゼウス.net」な訳であります。
更に、今までの人生、これから先も短い人生で、会心の馬券を一つ挙げろ!と言われたら間違いなく挙げるのが、
◎スプライトパッサー
〇ビーバップ
だった関屋記念です。
競馬雑誌の馬券クイズみたいなので1位だったか2位を取りましたからね。
馬券を買えない年齢だったので、雑誌の応募で競馬を楽しんでいました青春時代。
マイネサンサンはスプライトパッサーの仔ですし、スプライトパッサーの姉がリキサンサンでサンゼウスの母。
これはもう運命と書いてうんめいでしょう。
でも800万円と少しお高い。
あと、どうやって申し込むのかが今一つ分かりません、とほほ。

・サラブレッドオークション

もう勢いでオークションで落札してしまえ!
調教師とかは、近所のコンビニで働いている人に紹介してもらえばいいでしょう。
そこから繋がる人脈がある訳です。
競馬って何?という反応をされる可能性も大ですが・・・そもそも知らない人だし。

購買者の登録だけしておこうと思ったのですが、

「馬主登録番号」

に何を書けばいいのか、銀行の暗証番号でいいのか迷っているので一向に登録ができません。
詰んだ、とほほ。

Googleフォームって便利ですよね

・社台地方競馬オーナーズ

11月28日時点で2頭が残っているようです。
ネオアレクサンドラ2017は残り1口だとか!
しかし、ここまで待ったのだから、社台にいくのであれば来年でもいいような・・・という考えもあります。

もう2頭しか残っていなく
内1頭も残1口

上記以外にも他オーナーズなどもありますが、とにかく「馬を所有していない馬主はただの馬主だ」という言葉もあるように、ないかもですが、飛べない馬はただの馬ということ。
もう少し寝ながら真剣に検討してみます。

つづく。