【募集予想】キャロット ポロンナルワ2018はディープインパクトの牡馬だけどクラブに来るか!?

キャロットクラブの2019年募集予想です。
何回か記事にしていますが、そろそろノーザンファーム生産馬を一気に予想していきますので、改めてまとめておきます。

2019年に各一口馬主クラブで募集されるかもしれない馬の適当予想です。
ノーザンくんという適当募集予想AIが予想をしています。
全く根拠はありませんので、クラブが違ったり、個人馬主所有になったり、体調不良などで募集されないことはあります。
適当な感じで確認頂ければと思います。

さて、3歳世代はキャロットらしからぬ不振な世代だったのではないでしょうか。
シルクが凄かったこともあり余計にそう思うのかも、もちろん高いレベルでの話ですけど。(これから活躍する馬もたくさんいるでしょう)
2歳は盛り返しているような気がします、何となく。
こちらもこれから出てくるでしょう、すんごいのが。

私事ですが、2歳はキャロットが好調で、6頭いますけど4頭は既に勝ち上がっており、内2頭は京都2歳勝ちとプラタナス賞の勝ちで既に2勝しています。
未出走馬も1頭いますけど、馬運が全くない私でもこれだけ勝てるのですから、キャロット凄すぎ、ノーザン凄すぎになりますね。

さて、私くらいのポロンナルワ好きであれば、必然的にポロンナルワ2018がキャロットへ回ってくるのかを今から震えながら待っています。
震えているのは、お金がなくて暖房が付けられないこともありますが、ポロンナルワ2018はなんと待望?のディープインパクト牡馬です。
セレクトにいきそうかな・・・ヒシシンハラはセレクトでしたものね。
何とか、キャロットクラブに来てほしいな・・・今からギンザエイトビルにピザ10枚着払いのお土産を持って頼んでこようと思います。
なお、ポロンナルワ好きでありながら(過去ランカティラカ、ディーパワンサ、ガルヴィハーラに出資)、1歳のキンカメ牝馬は無事に抽選を外しました、とほほ。

ガルヴィハーラとノーヴァレンダの同枠対決となった全日本2歳優駿は超楽しみですが、ノーヴァレンダの下となる2018年産はいません、残念。

ジュモー2018は来るでしょう、多分。
クラージュゲリエがどこまで行けるかは分かりませんが、活躍次第ではお値段も気になりますね、高すぎてもう無理っす、とならないように。
モーリス産駒にはしばらく「もう無理っす」ネタはガンガンいこうぜ、でいきます。

カイカヨソウ2018はとびだせとねっ仔で紹介されました。
お値段もそこまで高くならなそうな気もします。

エンシェントヒル2018も無事に募集に出てほしいところですね。

サンブルエミューズ2018は絶対クラブに来てほしい。
私の話ばかりで申し訳ないですが(温泉紹介ブログなのに)、1歳で出資している馬の中で、毎回写真を見て惚れ惚れする馬がいます。
それがこの馬の兄サンブルエミューズ2017ですから。
ノヴェリストであの馬体、妹はキンカメですから、本当に今から楽しみです。
フラムドグロワールを持っていたので、あの現地で見た芙蓉ステークスは忘れられません、強かった。

さて、ホープフルのサートゥルナーリア次第では、モーリス産駒とは言え、シーザリオ2018のお値段が気になってきます。
凄い繁殖牝馬ですよね、本当に。
ロザリンドの仔もシルクですけど、2戦目の未勝利をアッサリ勝ちましたし。

プロトンを超応援していたので、ノーザンになったキャロット時に入会していれば・・・と今から悔やんでいますので、タイムモシーンを開発してモシーン産駒に、ではなくキロフプリミエール2002に出資したい所です。
母馬優先を使うぞ!
確か1,400万募集でしたっけ。

という、ひきこもりの妄想でした。
萎んだままの私の人生、果たして私に開花予想は来るのでしょうか。

>>キャロット2019年適当募集予想馬の一覧はこちら

募集予想 ※追加馬

エンシェントヒル2018 牡 ミッキーアイル
カイカヨソウ2018 牝 ネオユニヴァース
サンブルエミューズ2018 牝 キングカメハメハ
ポロンナルワ2018 牡 ディープインパクト
ジュモー2018 牝 モーリス