ニューワールド 専属調教師が2019年1月より開業

ニューワールドレーシングの専属調教師(外厩)が、2019年1月より開業となります。
専属調教師って凄いですよね。

名前は、James Moore調教師です。
岐阜県・山岡トレーニングセンター内で開業とのことです。

プロフィールを簡単に説明します。
7月生まれの蟹座で、いつもデスマスクが弱いから虐められ・・・あっ、これは私のプロフィールでした。

James Moore調教師のプロフィール。
1990年生まれの28歳でシドニー出身。
父は第2回ジャパンカップ、オールアロングの騎手でお馴染み!?なゲイリー・ムーア現調教師。
叔父はワーザー等のジョン・ムーア調教師ですし、父も祖父も叔父も調教師という超良血となります。

マカオで調教師として活躍されているとのことで、マカオギニー優勝馬を育てられているのだとか。
マカオでは、いろいろあったみたいですが・・・。

それにしてもクラブ・オーナーズの専属調教師とは凄いですね。
マカオでバリバリやっていた調教師だと思うので、どのような経緯が日本に来ることになったのかも気になります。
所属馬は全て山岡トレーニングセンターに、となるのでしょうか。
今はまだ所属馬の結果が伴っていませんけど、この開業を機会に一気に結果が出てくればいいですね。
そして、いつかは外厩を自前で持つ・・・まで行ったらまさにニューワールドですね。

調教師だけではなく、ニューワールド専属騎手とか、今後も出てきたら面白いと思います。
ラフィアンは既に実践していますし、継続して乗れるメリットもあるかと。
今の時代、ずっと乗り続ける騎手の方が少ないですからね。
でも、ファンドだと難しいかな、ラフィアンを見ていると賛否両論、否の方が目立つような気もするけど気にしない。
柴田大騎手や丹内騎手はとても良い騎手ですよ。

ニューワールドですが、この前告知されたプレゼント馬や、今後は条件付きで口数を増やす等もあるかも知れません。
でも、まずは何と言っても初勝利ですよね。
ここで歌います。

初勝利まだかな~まだかな~学研のおばちゃんまだかな~。