社台グループ繁殖牝馬名簿2022年1月版が配布される 過去のと比較

一口馬主
スポンサーリンク

1月14日、社台グループ繁殖牝馬名簿2022年1月版が配布されました。
例年は枕に使えるかをチェックしていましたが、今年は過去と比較をしてみます。

最近は良い枕に巡り合っていません。
そもそも布団もなく、枕もなく、だから睡眠障害に陥っている私。
睡眠障害の大きな要因となっているのは、間違いなく枕に使っていたこの繁殖牝馬名簿のPDF化です。

・・・という訳で、社台グループ繁殖牝馬名簿2022年1月版が配布されました。
社台グループの各牧場で繋養されている繁殖牝馬のブラックタイプや種付情報が確認できます。

なお、Chromeでサイトからダウンロードしようとしたら、セキュリティチェックにひっかかりました。
サイズが大きいファイルだからでしょうか。

2022年1月版のページ数は、

1,872 ページ

でした。
海外繋養繁殖牝馬や預託馬もいますけど、社台グループにいる繁殖牝馬数・・・本当に凄い数ですよね。

今まで枕として使っていたのが納得できます。

PDFになって4年目ですかね。
過去と比べてみました。

スポンサーリンク

過去との比較

2019年1月版 1,745 ページ
2020年1月版 1,771 ページ (+26 ページ)
2021年1月版 1,818 ページ (+47 ページ)
2022年1月版 1,872 ページ (+54 ページ)

1年で50ページくらい増えています。
このペースで行くと、2000年後には10万ページを超えます
まさにダークペイジではないでしょうか・・・あっ、タイヘイ牧場生産馬だった。

生産馬の名簿もPDF化してほしいなんて毎年思っちゃいます。
ワクワクしますよね。
毎年社台スタリオンとかに見学に行った際に貰っていた気がしますが、最近は行けてないですからね。

私の元出資馬だとウィクトーリアとディーパワンサがやはり気になります。
どちらもG1で掲示板に入った馬。
ウィクトーリアは初仔はロードカナロアですが、今年生まれる予定はリアルスティールだとか。
ディーパワンサは初仔はドゥラメンテですが、今年生まれる予定はレイデオロ。

このような情報を見てワクワクできるのもこの繁殖牝馬名簿の良い所ですよね。

適当データベースですが将来的には繁殖牝馬名簿を超えたい

なお、当サイトはこのPDFを参考・チェックに使用はしていますが、最近の馬はもう完全に適当データベースからデータを作成しています。
毎日、中央地方、そして海外競馬の成績を泣きながら更新していますものね、もう10年くらいは更新し続けているので、ルーティンになっているけど。
朝起きたら地方競馬の更新・・・等。
いつかは、この繁殖牝馬名簿PDFを超えるデータベースにしたい所です。
夢は大きく、実際の行動は小さく。

元々、募集馬の母成績について更新を始めたのも、この繁殖牝馬名簿もそうですけど、競馬界の名簿って1頭が1ページですものね。
1ページに収まらない売りにならない?情報は省略されてしまいます、それが超嫌だった・・・から始まった。
セールとかの名簿も代用できるレベルになればいいけど、もう少し先かな。

コメント

  1. まさっち より:

    初めまして私はまさっちという者です。
    社台グループ繁殖牝馬名簿というものは
    誰でももらえるものなのですか? 

    • さんぜす(管理人) より:

      >まさっち さん

      はじめまして!
      繁殖牝馬名簿ですが、社台グループのクラブ(社台・サンデー・G1等)に入会すれば、
      ダウンロード可能かと思います。
      公式サイトにPDFのダウンロードリンクがあります。

      昔は紙でも配ってたので、スタリオンとかに行けば貰えたかもですが、
      数年前からPDFになったので、サイトからダウンロードしかない?かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました