インディチャンプ号の2019年安田記念祝賀会に歩いて行ってきた

シルクホースクラブ

9月29日、新宿の京王プラザホテルでインディチャンプ号2019年安田記念祝賀会が開催されました。
エア出資会員なので、電車で行っては失礼だと考え、歩いて行ってきましたのでレポートします。

G1の祝賀会・・・もう参加することなんてないと思ってました。
前回、参加したのはロードカナロアの2012年スプリンターズSと香港スプリントの祝賀会
2回目は年度代表馬祝賀会になっていたので、レースだと本当にそれ以来ですから20年ぶりくらいでしょうか。

正装という案内もありましたので、失礼なことはできない。
という訳で、自宅からスーツで歩いて行ってきました。

スーツで歩くと暑い

ところがドスコイ。
何ですか、この暑さは、もう10月にもなろうとしているのに。
貧ぼっちゃま仕様のスーツだと快適だったかもしれませんが、普通のスーツだったのですぐにバテた。
途中で脱いじゃった。

前回、8月に大井競馬場まで歩いた時の靴擦れがまだ治っていません。
ようやく新しい足が生えてきたところです。
その時の反省を生かして、スーツにランニングシューズというセレクション。
できるサラリーマンになった気がします。

暑くて暑くてバテながら、ドラクエウォークやりながら歩いていたのですが、途中でドラクエウォークがフリーズしてた。
時間返してっ!

開演が18時30分だったので、途中ダッシュして何とかギリギリ間に合った。
約20キロで、ドラゴン倒しながら王将で休憩しながらの約5時間。
疲れはあまりないけど、スーツだととにかく大変ですね。
次回は裸で来ます。

会場に着くと熱気が凄かった

会場に着いたら、シルク社員さんとかノーザンファームの方々がチラホラ。

参加者シールを見える場所にお貼りください

とあったので、速攻で貼ったけど誰もしていない、というか無視。
見える場所とは一体どこ・・・。

見える場所に貼ったのは私だけ?

優勝レイやら何かがいろいろと飾ってありました。
記念撮影している人もたくさん。

みなさん、G1馬を持っている勝ち組という感じでにこやかな笑顔の方が多いように見えました。
私みたいな底辺エア出資会員がこの場にいてもいいんだろうか、そんな気持ちで会場に入って、とにかく汗ダクつゆだくだったので、ビール飲みたい・・・でした。

祝賀会の流れ

記憶モードですが、祝賀会の流れは以下のようなものでした。
アーモンドアイやブラストワンピースも同じなんでしょうかね。
普通のパーティーとかともだいたい一緒の流れ。

シルクレーシング代表の挨拶
シルクホースクラブ代表の挨拶
会員代表の挨拶・乾杯
しばしご歓談
関係者のトークショー
抽選会
福永騎手の挨拶
ノーザンファーム副代表の挨拶
集合写真

司会は小堺翔太さん。
この方って本当に大物競馬司会者になると思いながら、いつも競馬場で見かけたら足をかけ・・・ではなく、応援しています。
ツーショット写真撮ってもらえば良かった。

関係者はノーザンファーム関連(しがらき場長含む)、音無厩舎関連、福永騎手・・・だったかな。

シルクはG1をボコスカ勝っていますが、関西馬のG1馬って本当に久々でローブティサージュ以来だったとか。

乾杯の挨拶が長かった・・・。
ノドがカラカラ、お財布がスカスカだったので余計にそう感じたのかもしれませんが。

関係者のトークは後ろの方にいたので、ところどころ聞こえていなかったけど、まあまあ盛り上がっていたのかな?

福永騎手の挨拶は、安田記念当日のDMMバヌーシーのパーティーについても語ってました。
武豊騎手が俺のおかげで勝てた~とアーモンドアイとペルシアンナイト調教師の前で言っていたと。(冗談でです)

とにかく参加者が多い

京王プラザホテルで祝賀会開催はシルクジャスティス以来?とか言っていたような。
会場はせまいのですが、とにかく会員・関係者が多かった。

テーブルがうまっていて、ぽつーんと一人立ってましたよ。
約5時間かけて歩いてきて何やっているんだろう・・・という感じ。

なので、人が多いところダメ人間、競馬嫌い、一口馬主嫌いの私はもう途中で帰りたくなってしまった・・・。
同伴は不可だったけど、結構知り合いの方が多い会員さんがいた印象。
いいなー、羨ましい、私はいつもボッチですから。

帰ろうと知り合いに挨拶したら抽選会まではいた方が・・・とのことでもう少し踏ん張る。
ケーキを食べる。

景気づけにケーキ

抽選会は35品物くらい+福永騎手グッズでしたが全く当たりませんでした。
苗字が同じ人が当たっていて現れなかったけど、自分だったかもしれないと思いつつ泣きます。

G1の祝賀会は滅多にあるものではないが・・・

ここまで人が多いとは本当に思ってもいなかった。
500口とはいえ、複数口をお持ちの方も結構いますよね、多分。

社台・サンデーみたく自己紹介とかあったら3日くらいかかりそうな人数でしたね。

皆さん楽しそうで、羨ましいなーと思いつつ、私みたいな底辺会員がこの場にいてもいいんだろうか、そんな2時間でした。
集合写真は写真撮ると魂が抜かれるタイプなので参加していません。

インディチャンプは毎日王冠からマイルチャンピオンシップへ。
またこのような祝賀会が開催されることを期待しています。
今度は京都まで自宅から歩いていきたい。
何日かかるんだろう・・・ワクワク。

このような盛大な祝賀会を準備いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

参加してみて気が付いたこと

名前入りの参加証シールを見える位置に貼るということでしたが、堂々としていればバレない。(謎)

コメント

タイトルとURLをコピーしました